ホーム 長寿すこやかセンターについて フロアマップ サイトマップ ひと・まち交流館 京都
アクセス プライバシーポリシー
ホーム > What's new > 図書コーナー「今月のおすすめ本」 9月
件名 図書コーナー「今月のおすすめ本」 9月
内容 『平安京はいらなかった』
(桃崎有一郎)

京都といえば碁盤の目。今では特色や情緒のひとつとされています。
この土台となった「平安京」、唐の長安をモデルとして造られたためとても大きいものでした。
この大きさゆえ、都の中心の通りである朱雀大路が住民の好き放題されていたり、天皇でさえも持て余し使用している場所は微々たる場所のみ、建設途中であきらめ、全く手つかずの場所は廃れていたりと問題が山積していました。
こういった問題をどう解決していったのか。平安京の成り立ちから解決方法までを説いていく1冊。
「建てた後はどうするか」問題は今も昔も変わらないですね…。
 
イメージ画像
(画像をクリックすると拡大します)
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ