京都市 景観・まちづくりセンターからのお知らせ 111号

=====================================================================
            ■京都市景観・まちづくりセンターメールマガジン■
                    2012年2月4日 111号
=====================================================================

 2012年、1ヶ月が過ぎましたね。 
 ホントに、(歳と共に?)月日が経つのが早い。そういえば、今年の目標を
立てていないことに気づきました。 
  
 「まあ、まちセンの事業も春からスタートだよな。春までにきちんと目標を
立てよう!」 
と自分に言い訳して、「春までは自分を整えよう!」と前向きな?決意をしま
した。 

 皆さんは今年の目標、立ててます? 
 12分の1、進みました??(F.H) 


※メールマガジンにて配信した情報は、新聞社等、他の情報メディアにも提供
しています。


<今号の内容> 

1.京都市景観・まちづくりセンターよりのお知らせ 

◆景観・まちづくり大学【冬季】 参加者受付中!

◆京都 景観・まちづくり展「いつかは暮らしてみたい京町家」

◆The Deepest Kyoto Tour(外国人向けツアー)

◆京町家雑学見定

◆「町家をトーク2011」(第11回)

2.情報いろいろ

◆京都の財産として残したい建物や庭園「京都を彩る建物や庭園」の発表

3.図書コーナーより


 
━━1.京都市景観・まちづくりセンターよりのお知らせ ━━━━━━━━

***********************************

   ◆景観・まちづくり大学【冬季】 参加者募集中!

***********************************

 京都市景観・まちづくりセンターでは、京都の景観・まちづくりについて、
様々な角度から学び、考え、実践へとつなげていくことのできるセミナー「景
観・まちづくり大学」を開講しています。
 幅広い世代の方に、まちづくりについて考えていただくきっかけとして、多
数の皆様のご参加をお待ちしています。

●京のまちづくり史セミナー
  「美しい京都の景観とは?
     〜多様な自然とその循環を『管理』するまちづくり〜」
   庭園文化の源泉には東山の山麓があり、東山三十六峰はダイナミックな
  自然の宝庫です。庭園に凝縮する多様な自然の要素が京都の原風景をつく
  り、人々の生活に浸透してきました。京都の四季を彩り、まちの姿や文化
  を育んできた多様な自然をどのように守り、引き継いでいくのかについて
  考えます。

  日 時:平成24年3月3日(土)14:00〜16:00

  会 場:京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム

  参加費:無料

  定 員:30名(先着順)

  講 師:森本 幸裕氏
       (京都大学大学院農学研究科・同地球環境学堂教授)


●京町家再生セミナー
 ○「明日につながる、京町家の活かし方
     〜『住みたい』や『貸したい』疑問に答えます〜」
   京町家に「住みたい」「貸したい」、京町家を「活用したい」ときに、
  知っておくべきポイントがあります。押さえておきたい基本を学ぶととも
  に、シェアハウスやゲストハウスなど京町家の最近の活用事例をご紹介い
  ただきます。

  日 時:平成24年2月12日(日)14:00〜16:00

  会 場:京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム

  参加費:無料

  定 員:30名(先着順)

  講 師:西村 孝平氏、吉田 光一氏
       (京町家及び古民家等専門小委員会)

  協 力:社団法人京都府宅地建物取引業協会
      

 ○「京町家を次の世代へ引き継ぐための相続対策と相続税対策」
   京町家が壊されていく大きな要因の一つに、「相続」という問題があり
  ます。核家族化、少子高齢化、人口減少という世界でも類を見ないスピー
  ドで変化している我が国の家族事情を踏まえ、京町家の承継対策を考えて
  いきましょう。

  日 時:平成24年3月24日(土)14:00〜16:00

  会 場:京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム

  参加費:無料

  定 員:30名(先着順)

  講 師:石田 光曠氏(司法書士)
      磯林 恵介氏(税理士)

  協 力:京町家承継促進研究会

 
≪申込方法≫.札潺福写勝↓開催日、氏名(ふりがな)、そ蚕蝓↓ヅ渡
      番号を明記の上、電話、FAX、メールでお申し込みください。




***********************************

   ◆京都 景観・まちづくり展「いつかは暮らしてみたい京町家」

***********************************

 写真家水野歌夕氏による「京の路地風景」写真展や、京町家に関するいろい
ろな相談にお答えする「なんでも相談」や情報コーナーなど、京町家の魅力満
載の展示を、このたび東京で開催いたします!
 ※「京あるき in 東京2012」に参画しています。

 日 時:平成24年2月25日(土)、26日(日)10時〜20時30分

 会 場:京都造形芸術大学 外苑キャンパス
     (東京都港区北青山1−7−15)
 
 入場料:無料

 内 容:
  ○水野歌夕「京の路地風景」写真展
     今も変わらず京都の暮らしが息づいている路地。華やかに彩られた
    京都とは違った風景がそこにあります。水野歌夕氏自身、子ども時代
    を細い抜け路地に面した京町家で過ごした経験から、路地の魅力を撮
    影し続けて十数年。西陣、祇園、上七軒などで撮影された路地風景の
    写真を展示します。
 
  ○京町家なんでも相談 in 東京
     京都市景観・まちづくりセンターで実施している「京町家なんでも
    相談」を東京で開催します。将来、京都で町家に住んでみたいという
    方、町家に興味がある方に当センターのスタッフが様々な相談に応じ
    ます。お気軽にお越しください。

  ○京町家情報コーナー・京町家模型展示
     京町家に関する書籍や資料を集め、自由に閲覧していただく情報コ
    ーナーを開設します。椅子に座ってゆったりと京町家の魅力をご堪能
    ください。

 詳しくは当センターまでお問い合わせください。




***********************************

   ◆The Deepest Kyoto Tour

***********************************

 紅葉の秋色に染まった京都の清水地域内を、地元に住むガイドの案内で巡り
ます。「まち」が育んだ文化と京町家の景観的価値を実感しつつ、協力してい
ただける京町家を内覧し、京町家が持つ空間の魅力を体感していただく、京都
を訪れる外国人観光客や在日外国人を対象とした英語ガイド付きのまちあるき
イベントです。

 開催日:月2回(第2・4水曜日)
     ※ その他の日程についてもお問い合わせに応じて開催します。

 集合時間:午後1時

 内 容:午後1時〜午後3時 六原地域のまちあるき
     午後3時〜午後4時 町家でティータイム
               (日本茶とお茶菓子のサービスあり)

 集合場所:京阪電車「清水五条」駅 4番出口

 参加費:2800円/人
     (参加費の一部は京町家まちづくりファンドへ寄付されます。)

 定 員:先着15名

 申込方法:事前予約が必要です。次の内容を添えてメールでお申し込みくだ
      さい。
      ヽ催日、代表者の氏名、参加人数、ね絞愴峭罅住所、
      ヅ渡暖峭罅↓Ε瓠璽襯▲疋譽

 H P:http://kyoto-machisen.jp/fund/english/index_tour.html

 詳しくは当センターまでお問い合わせください。 




***********************************

   ◆京町家雑学見定 

***********************************

 カメラマン、ライター、グラフィックデザイナー、そして京町家なるほど鑑
定士(建築学者、大工、庭師さん等)が、そのお宅の見どころと、今まで家の
方が聞き伝えられてきた家やまちの歴史等をまとめてくれる「わたしの家物語
」。その制作委員会が、町家を見るツボをお教えします。(検定ではなくて見
定です!)
 全6回 全部参加してくれた方には、終了書(町家雑学博士)を進呈!

 日 時:第3回平成24年2月11日(土)10:00〜12:00
     第4回平成24年2月25日(土)10:00〜12:00
     第5回平成24年3月10日(土)10:00〜12:00
     第6回平成24年3月24日(土)10:00〜12:00

 会 場:第3回〜5回
       京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム
     第6回は京町家で実習見定!

 講 師:小針 剛氏

 定 員:40名

 受講料:各回1,000円(6回コース:5,000円)

 お問合せ・お申込み:わたしの家物語実行委員会
           Tel:075-354-8701 
           FAX:075-354-8704 (担当:浜谷)
           Email:iemonoteam@yahoo.co.jp
         ※事前にTel、FAXまたはメールにてお申し込みください。

 主 催:わたしの家物語実行委員会
 
 後 援:財団法人京都市景観・まちづくりセンター




***********************************

   ◆「町家をトーク2011」(第11回) 

***********************************

  「町家をトーク」は町家の職人さんの語りと実演と映像で展開する『町家
 の学校』です。
  1月例会のテーマは「建具 〜町家の四季と建具〜」です。

 日 時:平成24年2月14日(火)19:00〜21:00

 会 場:ひと・まち交流館 京都 地下1階ワークショップルーム

 講 師:杉原 吉直氏(株式会社杉原商店)

 定 員:40名

 受講料:1,500円(学生1,000円)

 内 容:・和紙の種類 それぞれの特長、洋紙との違い
     ・町家の生活の中の和紙
     ・現代のインテリアと和紙の活用

 問合せ・申込み先:「町家をトーク」事務局(代表 岡田 優)
           TEL:090-6550-2468  FAX:075-315-2394
            ※事前にTelまたはFaxにてお申込み下さい 

 主 催:町家をトーク運営委員会

 共 催:財団法人京都市景観・まちづくりセンター 



━━2.情報いろいろ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

***********************************

 ◆京都の財産として残したい建物や庭園「京都を彩る建物や庭園」の発表
 
***********************************

 京都市 文化市民局 文化芸術企画課からお知らせです。 

 京都市では、市民の皆様が京都の財産として残したいと思う、京都の歴史や
文化を象徴する建物や庭園を、公募によりリスト化し、市民ぐるみで残そうと
いう気運を高め、様々な活用を進めることなどにより、維持・継承を図る「京
都を彩る建物や庭園」制度を創設しました。 

 平成23年11月16日から募集を開始し、平成24年1月11日までに推
薦のあった106件について、「京都を彩る建物や庭園」審査会において審査
し、所有者の同意を得た72件を「京都を彩る建物や庭園」として選定しまし
た。(うち、リスト公表に対する同意を得たものは66件。) 

 この度、「京都を彩る建物や庭園」の第1次リストを公表しました。 
 詳しくは、京都市ホームページの次の箇所をご覧ください。 

 http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/page/0000113842.html 





━━3.図書コーナーより ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 京都議定書発効が2月であることに伴い、図書コーナーでは今月「環境」を
テーマにした展示を行っています。
 東日本大震災後、日本のエネルギー政策は転換期を迎え、CO2削減目標を
達成するために、また新たな課題を突き付けられています。
 地球温暖化とはなにか、京都議定書の意味は、暮らしの中でできる節電につ
いてなどの図書を並べています。ぜひお立ち寄りください。



----------------------------------------------------------------------
発行元:財団法人京都市景観・まちづくりセンター
住 所:京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1
      「ひと・まち交流館 京都」地下1階
電 話:075-354-8701
FAX:075-354-8704
E-mail:machi.info@hitomachi-kyoto.jp
ホームページ: http://machi.hitomachi-kyoto.jp
■配信を終了される場合は、下記のページで登録をご解除ください。
 http://machi.hitomachi-kyoto.genki365.net/gnkk17/pub/magm_rule.php
----------------------------------------------------------------------