京都市 景観・まちづくりセンターからのお知らせ 106号

=====================================================================
            ■京都市景観・まちづくりセンターメールマガジン■
                   2011年9月2日 第106号
=====================================================================

 ネット上でのやり取りが増え、情報のスピードやネットワークの広がりにつ
いていけない今日この頃。若干焦りつつも、興味のある情報を集める時代か
ら、集まる情報の中から選択する時代に変わったのかな、と感じます。それで
もアナログ人間の私は、人と人との温もりある交流を大切にしたい。まちセン
ではそんな企画に心がけたいと思います。(A.K)


※メールマガジンにて配信した情報は、新聞社等、他の情報メディアにも提供
しています。


<今号の内容> 

1.京都市景観・まちづくりセンターよりのお知らせ 

◆景観・まちづくりシンポジウム

◆景観・まちづくり大学 受講生募集中!

◆京の四季を愉しむ会in四条京町家

◆「The Deepest Kyoto Tour」(外国人向け京町家ツアー)

◆京都景観エリアマネジメント講座【基礎講座】

◆町家をトーク2011

◆京都の木造伝統文化を活かした
    安心安全まちづくりアクションプラン 第1回セミナー

◆京町家・風の会 第40回例会「町家であそぼ!おうちで火鉢」

 
2.図書コーナーより


 
━━1.京都市景観・まちづくりセンターよりのお知らせ ━━━━━━━━

***********************************

   ◆景観・まちづくりシンポジウム
      「京都まちなか街区の防災を考える」

***********************************

 3月11日の東日本大震災と同規模の大震災が関西圏で起った場合、伝統的
な木造建築の多い京都では大きな被害が想定されます。災害から人の命を守り
、生活や風景を守るために今、京都に住む我々は何をすべきか。「町家暮らし
」に象徴される密接なコミュニティが地域防災の要です。今回のシンポジウム
では、関西圏における大地震に備え、京都の日常の暮らしや風景がある「街区
」単位で取り組む防災とそのポイント等について、あらゆる視点から紹介し、
参加者の皆様と一緒に日頃のまちづくりや防災活動について考えていきます。

 日 時:平成23年10月1日(土)14:00〜16:30

 会 場:ひと・まち交流館 京都 2階大会議室

 参加費:無料

 定 員:200名(先着順)

 プログラム:
    (1)はじめに
       『町家文化を継承する防災の知恵 〜つながりで災害を乗り越
       える〜』
       話題提供者:山崎 正史氏(立命館大学教授)

    (2)パネルディスカッション
        コーディネーターが、町家暮らしに代表される京都固有のし
       きたりや習慣にある防災の機能について読み解きながら、各パ
       ネリストがテーマごとに紹介する街区単位で行う防災の事例に
       つなげます。
        「人命」をつなぐ :安心して暮らせる住居づくり
        「絆」をつなぐ  :地域の防災文化の継承
        「暮らし」をつなぐ:地元企業や商店街の地域貢献
        「風景」をつなぐ :木造文化の知恵に学ぶ防火対策
       コーディネーター:山崎 正史氏(立命館大学教授)
       パネリスト:地域でのまちづくりの実践家や防災の専門家4名

 主 催:立命館大学グローバルCOEプログラム歴史都市を守る「文化遺産
     防災学」推進拠点、財団法人京都市景観・まちづくりセンター
    

 後 援:京都市、株式会社京都新聞社

 申込方法:「京都いつでもコール」まで、電話、FAXまたは電子メールで
      お申し込みください。
      TEL:075-661-3755
            FAX:075-661-5855
            メール:次の送信フォームをご利用ください。
      ・パソコン http://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/000001282
1.html
      ・携帯電話 http://www.city.kyoto.jp/koho/m/cc




***********************************

   ◆景観・まちづくり大学 受講生募集中!

***********************************

 京都市景観・まちづくりセンターでは、京都の景観・まちづくりについて、
様々な角度から学び、考え、実践へとつなげていくことのできるセミナー「景
観・まちづくり大学」を開講しています。
 幅広い世代の方に、まちづくりについて考えていただくきっかけとして、多
数の皆様のご参加をお待ちしています。

●京のまちづくり史セミナー
 「京の緑のまち歩き
    〜船岡山から見渡す京都、鎮守の森と人の歴史〜」
   船岡山から南に眺める京都市全域が、ほぼ平安京の領域にあたります。
  古くから京都文化の基点であり、古代の京都盆地の植生が残っている鎮守
  の森が、周辺地域や京都の人・まちに果たしてきた役割を学びます。「ナ
  ラ枯れ」で急速に森の被害が拡大する中、森と人間との共生の歴史を繋ぎ
  とめる現場を巡ります。

  日 時:平成23年10月8日(土)13:00〜16:00

  会 場:社団福祉法人京都ライトハウス地下1階研修室1・2
      →船岡山、建勲神社(現地解散)

  参加費:無料

  定 員:50名(先着順、9月30日締切)

  講 師:小林 正秀氏(京都府立大学特別講師)

  内 容:セミナー「鎮守の森の歴史」 約80分
      休憩、移動         約20分
      現地散策「森の今とこれから」約80分


●まちづくり実践塾
 「二次災害を防ぐ地域の力 〜福祉から見た地域の防災力〜」
   大規模災害時の二次災害(関連死)を防ぐには、日頃の地域活動、地域
  のつながりが大きな役割を果たします。災害時の地域の要配慮者への支援
  や避難所運営を想定した取組、地域の安心安全の取組などの紹介を通じて
  、地域福祉の観点から見た地域力、もしもの時を想定した取組を通じて地
  域力そのものを高めていくことの大切さを学びます。

  日 時:平成23年9月10日(土)14:00〜16:00

  会 場:京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム

  参加費:無料

  定 員:30名(先着順)

  講 師:後藤 至功氏(佛教大学福祉教育開発センター講師)
      朝倉 眞一氏(まちひろば計画工房主宰/京都市まちづくりアド
             バイザー)


●京町家再生セミナー 【京都府建築工業協同組合協力】
 「大工さんに聞く、京町家のキホン」
   京町家ってよく見聞きするけど、何がちがうの・・・?
   よしやまちの町家(京町家改修のモデル住宅)を見学しながら、模型を
  使ってわかりやすく京町家のつくりについてお話をうかがいます。
   何気なく目にしている京町家ですが、その個性は奥深く、表面には現れ
  にくい京町家ならではのエピソードもたくさんあります。町家暮らしや掃
  除のコツ、維持管理のポイントなど、身近で役に立つちょっとした知恵や
  技なども習得してみませんか? 
  ☆お話の後は、みがき丸太を使って小物を作るお楽しみ企画もあります。

  日 時:平成23年9月4日(日)13:30〜16:30

  会 場:よしやまちの町家(上京区葭屋町通下立売下る丸屋町260)

  参加費:無料

  定 員:30名(先着順)

  
≪申込方法≫.札潺福写勝↓開催日、氏名(ふりがな)、そ蚕蝓↓ヅ渡
      番号を明記の上、電話、FAX、メールでお申し込みください。





***********************************

   ◆京の四季を愉しむ会 in四条京町家

***********************************

 町家で四季を感じながら、京都の暮らしや文化にふれるひととき。
築101年を迎える「四条京町家」で京の四季をみつけてみませんか?

 テーマ:秋「建具の話と建具替え体験」

 日 時:平成23年10月1日(土)10:00〜14:00

 会 場:四条京町家(京都市下京区四条通西洞院東入ル郭巨山町11)

 定 員:25名(要申込)
 
 参加費:一般3,500円、会員3,000円

 内 容:建具の話、建具替え
     軽食付き(あずきご飯、他)

 お問合せ・お申込み先:財団法人京都市景観・まちづくりセンター

※会員は、財団法人京都市景観・まちづくりセンター賛助会員及びNPO法人
 四条京町家会員のことです。
※参加費の一部は、京町家まちづくりファンドへの寄付となります。




***********************************

   ◆The Deepest Kyoto Tour

***********************************

 京都のある地域内を、地元に住むガイドの案内で巡りながら、「まち」が育
んだ文化と京町家の景観的価値を実感しつつ、協力していただける京町家を内
覧し、京町家が持つ空間の魅力を体感していただく、京都を訪れる外国人観光
客や在日外国人を対象とした英語ガイド付きのまちあるきイベントです。

 開催日:月2回(第2・4水曜日) 2011年8月〜2012年4月
     ※ その他の日程についてもお問い合わせに応じて開催します。

 集合時間:午後1時

 内 容:午後1時〜午後3時 六原地域のまちあるき
     午後3時〜午後4時 町家でティータイム
               (日本茶とお茶菓子のサービスあり)

 集合場所:京阪電車「清水五条」駅 4番出口

 参加費:2800円/人

 定 員:先着15名

 申込方法:事前予約が必要です。次の内容を添えてメールでお申し込みくだ
      さい。
      ヽ催日、代表者の氏名、参加人数、ね絞愴峭罅住所、
      ヅ渡暖峭罅↓Ε瓠璽襯▲疋譽

 H P:http://kyoto-machisen.jp/fund/english/index_tour.html

 詳しくは当センターまでお問い合わせください。 




***********************************

   ◆京都景観エリアマネジメント講座【基礎講座】

***********************************

まちづくりに関わる様々な分野の専門家を対象に、京都の景観に対する幅広い
知識と高い見識を持つ専門家を養成することを目的とした全8回の講座です。

 日 程:平成23年9月17日(土)〜平成24年5月19日(土)

 時 間:(原則)13:30〜17:30(〜18:00)
     (講座終了後、懇親会を開催:自由参加)

 会 場:ひと・まち交流館 京都 地下1階ワークショップルーム

 受講対象者:景観まちづくりに関連する専門的な職(※)につく者
       ※建築、土木、造園、ランドスケープ、都市計画、行政、コン
        サルタント、法律、歴史、広告、デザインなどの専門職

 募集人員:40名(先着順)

 受講料:30,000円

 お申込み:京都景観フォーラム
      Fax:075-491-9663
      e-mail:kyotokeikanforum@yahoo.co.jp
      http://kyotokeikan.web.wox.cc/

 ※パンフレットと受講申込書は上記京都景観フォーラムオフィシャルサイト
  からダウンロードできます。

 主 催:京都景観フォーラム(NPO申請中)

 共 催:財団法人京都市景観・まちづくりセンター

 後 援:京都市(予定)




***********************************

   ◆「町家をトーク2011」(第6回) 

***********************************
  「町家をトーク」は町家の職人さんの語りと実演と映像で展開する『町家
 の学校』です。
  9月例会のテーマは「庭 〜作庭の壺〜」です。

 日 時:平成23年9月13日(火)19:00〜21:00

 会 場:ひと・まち交流館 京都 地下1階ワークショップルーム

 語り手:岡本 耕蔵氏(京都にわ耕代表)

 定 員:40名 

 受講料:1,500円(学生:1,000円)

 内 容:・庭づくりの基本手順とポイント
     ・にわ耕の作庭事例
     ・日々の手入れ、四季の手入れ

 問合せ・申込み先:「町家をトーク」事務局(代表 岡田 優)
           TEL:090-6550-2468  FAX:075-315-2394
            ※事前にTelまたはFaxにてお申込み下さい 

 主 催:町家をトーク運営委員会

 共 催:財団法人京都市景観・まちづくりセンター 





***********************************

   ◆京都の木造伝統文化を活かした
      安心安全まちづくりアクションプラン 第1回セミナー
     『京都の土壁文化を住まい・まちづくりに活かす』

***********************************

 日 時:平成23年9月10日(土)14:00〜17:00

 会 場:織成館 岩上ホール(上京区浄福寺通上立売上ル大黒町693)
 
 参加費:無料

 内 容:午後1時半〜
       土壁の魅力の公開展示(土壁の最新研究成果と実物展示)
     午後2時〜 セミナー
      1.土壁の魅力を最新研究成果から学ぶ
        A「木造伝統構法と土壁の防火研究の最先端」
            長谷見 雄二氏(早稲田大学教授)
        B「京都の土壁の耐震性の高さの謎をひも解く」
            田村 佳英氏(KARTH耐震研究チーム)
        C「京都の土壁の魅力を究明する」
            佐藤 ひろゆき氏(京都左官協同組合) 
      2.パネルディスカッション

 参加方法:9月7日(水)までに、お名前、所属、電話番号と懇親会の参加
      の有無を明記の上、電話、FAXまたはメールでお申し込みくだ
      さい。お申込みと同時に参加受理とさせていただきます。

 申込先:関西木造住文化研究会
     TEL:075-411-2730
          FAX:075-411-2725
          メール:info@karth.sakura.ne.jp

 主 催:関西木造住文化研究会(略称 KARTH)、京都左官協同組合

 共 催:財団法人京都市景観・まちづくりセンター

 協 賛:社団法人日本建築学会近畿支部、社団法人京都府建築士事務所協会





***********************************

   ◆京町家・風の会 第40回例会「町家であそぼ!おうちで火鉢」

***********************************
 火鉢の仕立て方や使用方法等を楽しく学びます。また、木製バイオマスにつ
いてのお話や、ペレットグリルで沸かしたお茶でのティータイムもあります。

 日  時:平成23年9月4日(日)14時〜16時頃

 場  所:京町家ペレット町家ヒノコ(中京区寺町通二条下ル東側)
       TEL:075-241-6038
              URL:http://hibana.co.jp/kyoto-pellet/

 アクセス:地下鉄東西線「京都市役所前」11番出口から徒歩3分
      市バス「京都市役所前」から徒歩3分

 定  員:15名程度(先着順)

 参 加 費:(会員)1000円/(非会員)1500円
      (小中高)500円
      (学生・専門学校生・職人さんの卵)1000円

 申 込 先:京町家・風の会サイト申込みページ 【9月2日(金)正午締切】
       http://www.kyo-kaze.jp/mailsanka.htm
      件名)9月4日「おうちで火鉢」参加希望
      1)氏名(ふりがな)、2)会員/非会員、3)職業/学校名
      4)連絡用電話番号(できれば携帯電話)、5)住所
      6)備考・・・興味のおありになるもとやご質問など、なんでもど
       うぞ!
      FAXでも受け付けています。
      TEL:075-841-8074  FAX:075-841-8089

      ※当日の御連絡は、電話090-1131-8074(井上)まで。

 主  催:特定非営利活動法人京町家・風の会

 共  催:株式会社Hibana

 後  援:財団法人京都市景観・まちづくりセンター





━━2.図書コーナーより ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 9月の図書コーナー企画展示は、「日本の建築」です。日本に残る数々の有
名な建築や、宮大工・建築家に関連する図書を展示します。
 どうぞ足をお運びください。


----------------------------------------------------------------------
発行元:財団法人京都市景観・まちづくりセンター
住 所:京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1
      「ひと・まち交流館 京都」地下1階
電 話:075-354-8701
FAX:075-354-8704
E-mail:machi.info@hitomachi-kyoto.jp
ホームページ: http://machi.hitomachi-kyoto.jp
■配信を終了される場合は、下記のページで登録をご解除ください。
 http://machi.hitomachi-kyoto.genki365.net/gnkk17/pub/magm_rule.php
----------------------------------------------------------------------