【臨時便】京都市景観・まちづくりセンターからのお知らせ 第301号

===================================
「KYOTOメモリーグラフ」実証実験 参加者募集のお知らせ
===================================
イベントのご案内です。
モバイルアプリを使って、昭和京都の古今写真をデジタルアーカイブする
実証実験に参加しませんか?
京都の町並みは、昭和の町並みと比べるとずいぶん変化しました。
新しい建物が建つと、「あれ、ここって、前は何があったんだっけ」と
いうことはよくありますが、昭和から現在で、京都の町並みはどのくらい
変化しているのでしょう?
今回のツアーは、メモリーグラフ(メモグラ)というモバイルアプリを
使用して、京都市電が走る昭和京都の古写真と同じ構図で、現在の風景を
撮影していくものです。
当日は、皆様にスマホをお貸しいたします。
案内役とともにいつかのポイントを巡り、アプリに半透明で映し出された
古写真と現在の風景とを重ねて、撮影をしていただきます。
撮影された写真は、後日、アーカイブされ、京都の景観変化を探る貴重な
資料として公開される予定です。
今回の実証実験は、このアプリの活用の可能性を探るため、
皆様に体験をしていただき、ご意見をいただくことを目的としています。


▼ 開催日
 2018年10月21日(日)
▼ 会場
 ひと・まち交流館京都B1F
 公益財団法人京都市景観・まちづくりセンター(河原町正面)
 ワークショップルーム1,2
▼ 参加費
 無料
▼ 当日スケジュール
 9:00 - 9:30 開場・受付
 9:30 - 10:30 ツアーの概要とメモグラの説明
 10:30 - 12:30 KYOTOメモリーグラフツアー
  ■コース‥貉骸珪鯤面
  ■コース烏丸七条_京都駅北野線方面
  ■コース5都駅伏見線方面
 12:30 - 14:00 各自 昼食
 14:00 - 16:00 トークセッション 昭和京都の今昔写真比較
  解説者 井上学(立命館大学衣笠総合研究機構)
      中村浩史(京都市電の廃線跡を探る著者)
      大菅直(株式会社光影堂)
▼ ツアー定員
 30名程度
▼ ツアー申込み
 https://goo.gl/forms/vyQl65lBSudgr8Yr2
 10月13日(土)締め切り
▼ お問い合わせ
 特定非営利活動法人 京都景観フォーラム
 memogra2018@gmail.com
※コースを指定することはできません。
※参加者の方は研究およびアプリの機能向上のため、必ずアンケートに
 ご協力願います。
※スマホやタブレットをお持ちでない方も参加できます。
※当日は歩きやすい服装でおこしください。

本研究は、ROIS-DS-JOINT (007RP2018) および
平成 30 年度立命館大学アート・リサーチセンター共同利用・研究拠点の
助成を受けています。


----------------------------------------------------------------------
※このメールには返信しないでください。
※「市民活動情報サイト」にログインし、興味のある情報にお申込ください。
※このメールが不要の方は、「市民活動情報サイト」にログインし、個人情報
  管理画面から、メルマガ希望を「希望しない」に変更してください。

市民活動情報サイト:
  http://www.genki365.com/