京都市 景観・まちづくりセンターからのお知らせ 2010/10/1

=====================================================================
            ■京都市景観・まちづくりセンターメールマガジン■
                   2010年10月1日  第95号
=====================================================================

 夏の山に登りたい一心で、体力づくりのためにはじめたジョギング。 
 最近は秋風もここちよく感じます。 
 早起きをして外にでてみると、いつもとはすこしちがった景色。以外にも多
くの方がウォーキングをしたり、ジョギングをしたり、釣りをしたりしていま
す。知らない人同士でも「おはようございます」と声をかけあうのもまた、楽
しみのひとつ。まちの顔は、生活サイクルによっても違った表情が見えるので
すね。(M.O)

※メールマガジンにて配信した情報は、新聞社等、他の情報メディアにも提供
しています。


<今号の内容> 

1.京都市景観・まちづくりセンターよりのお知らせ 
◆『景観・まちづくり大学』 受講生募集中!!
 ●京のまちづくり史セミナー
  ○京の道とまちあるき1
   (日時)平成22年10月16日(土)14:00〜16:00
  ○京の道とまちあるき2
   (日時)平成22年10月30日(土)14:00〜16:00
 ●まちづくり実践塾
   (日時)平成22年11月6日(土)14:00〜16:00
 ●京町家再生セミナー
   (日時)平成22年10月9日(日)14:00〜17:00
 ●京町家再生セミナー参加者の集い
   (日時)平成22年10月23日(土)13:30〜16:30

◆町家をトーク2010
  (日時)平成22年10月12日(火)19:00〜21:00
  (主催)町家をトーク運営委員会

◆特定非営利活動法人京町家・風の会
    第29回例会町家セミナー
     『伝統的木造建造物の耐震性と倒壊後の取組体制の必要性』 
  (日時)平成22年10月17日(日)13:30〜15:30頃
  (主催)特定非営利活動法人京町家・風の会

◆ふろいこか〜2010 京都編
  (日時)平成22年10月17日(日)13:00〜15:00
  (主催)ふろいこか〜2010実行委員会

2.図書コーナーより


 
━━1.京都市景観・まちづくりセンターよりのお知らせ ━━━━━━━━

***********************************

   ◆『景観・まちづくり大学』 受講生募集中!! 

***********************************
  京都市景観・まちづくりセンターでは、京都の景観・まちづくりについ
 て、様々な角度から学び、考え、実践へとつなげていくことのできるセミ
 ナー「景観・まちづくり大学」を開講しています。
  幅広い世代の方に、まちづくりについて考えていただくきっかけづくり
 として、多数の皆様のご参加をお待ちしています。


●京のまちづくり史セミナー
 ○京の道とまちあるき1
  『洛北の御幸道を歩く 〜宮廷人が見たまちなみと風景〜』

   江戸時代、宮廷人は洛北の地を訪れ、春秋の風情と風景を堪能していま
  した。本講では宮廷人が書き伝えた文献と絵図を読み解き、実際に御幸道
  の今を辿ることで、洛北の歴史と文化を学びます。

  日 時:平成22年10月16日(土)14:00〜16:00

  会 場:八大神社、修学院離宮周辺

  参加費:無料

  定 員:20名(多数抽選)

  講 師:末松 剛氏(京都造形芸術大学准教授)

 
 ○京の道とまちあるき2
  『膏薬の辻子を歩く 〜通りを一歩入ったまちなかのくらし〜』

   計画的につくられた通りとは違い、住みこなしの中で生まれた「辻子」
   今も町家が多く残るまちなみの良さを知り、路地のくらしをのぞいてみ
  ませんか?

  日 時:平成22年10月30日(土)14:00〜16:00

  会 場:四条京町家、膏薬の辻子

  参加費:無料

  定 員:20名(多数抽選)

  講 師:上林 研二氏(株式会社地域生活空間研究所)
      森重 幸子氏(京都大学大学院研究員)

 ※ 締切は開催日の5日前必着です。
   応募多数の場合、抽選を行い、当選者に集合場所を明記した参加証を
  お送りします。


●まちづくり実践塾 【市民活動総合センター連携企画】
 『自治会活動パワーアップ講座1
      〜地域の課題解決の仲間をどう増やすか〜』

  町内や学区の行事でお悩みではありませんか?
  一緒に解決してもらえるNPOなどの市民活動が、実は近くに存在してい
 るかもしれません。地域とNPOが協力した事例から、出会いとおつきあい
 のコツを学びます。

 日 時:平成22年11月6日(土)14:00〜16:00

 会 場:京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム

 参加費:無料

 定 員:50名(先着順)

 講 師:内田 香奈氏(NPO法人環境市民エコ地蔵盆プロジェクトボラ
            ンティア)
     高林 伸樹氏(北区大宮薬師山町2007年度会長)


●京町家再生セミナー 【関西木造住文化研究会共同企画】
 『町家の再生に一歩踏み出すシリーズ2
      〜京都の歴史的まちなみを地震・火災から護り抜く〜』

  近い将来、京都で大地震が発生した時、私たちの暮らしや住まいはどのよ
 うな被害が想定されるのか、映像で学び、歴史的まちなみの中で安心して暮
 らし続けるために、今、何をすればよいか、皆で考えましょう。

 日 時:平成22年10月9日(日)14:00〜17:00

 会 場:西陣ヒコバエノ家
      (上京区上立売通浄福寺西入る姥ヶ東西町632)
      
 受講料:無料

 講 師:室崎 益輝氏(関西学院大学教授)
     梅垣 浩久氏(京都市消防局防災危機管理室防災課長)


●京町家再生セミナー参加者の集い
 『わが家のオリジナル鍾馗さんづくり 〜町家の屋根・瓦・鍾馗さん〜』

  知っているようで知らない屋根・瓦・鍾馗さんのお話、維持管理のお話な
 どを聞きながら、自分だけのオリジナルの鍾馗さんを制作します。
 (制作した鍾馗さんは、焼成作業が必要なため、約1〜2カ月後にお渡しす
 る予定です。)

 日 時:平成22年10月23日(土)13:30〜16:30

 場 所:京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム

 参加費:無料(別途材料費:1人2000円)

 定 員:30名

 講 師:光本 大助氏(光本瓦店有限会社代表)

 コーディネーター:朝倉 眞一氏(まちづくり計画工房主宰)




***********************************

   ◆「町家をトーク2010」(第7回) 

***********************************
  「町家をトーク」は町家の職人さんの語りと実演と映像で展開する『町家
 の学校』です。
  第7回のテーマは「和紙 〜越前和紙の力〜」です。

 日 時:平成22年10月12日(火)19:00〜21:00

 会 場:ひと・まち交流館 京都 地下1階ワークショップルーム

 語り手:杉原 吉直氏(株式会社杉原商店 代表)

 定 員:40名 

 受講料:1,500円(学生:1,000円)

 内 容:・和紙の特長・洋紙との違い
     ・京町家と越前和紙
     ・越前和紙の魅力と現代の展開

 問合せ・申込み先:「町家をトーク」事務局(代表 岡田 優)
           TEL:090-6550-2468  FAX:075-315-2394
            ※事前にTelまたはFaxにてお申込み下さい 

 主 催:町家をトーク運営委員会

 共 催:財団法人京都市景観・まちづくりセンター 



***********************************

   ◆特定非営利活動法人京町家・風の会
    第29回例会町家セミナー
     『伝統的木造建造物の耐震性と倒壊後の取組体制の必要性』 

***********************************

 建物を使い続けるためには修理が必要です。それは何も大掛かりなものでな
くても良いと思います。
 じっくりと建物を見てあげる、どこに良い味がでてきたとか、どこか悪くな
っていないか・・・とか。
 そして、傷んだところがあれば修理しましょう。もしかりに地震で被害を受
けても直して使い続ける・・・そんな建物との付き合い方が必要なのではない
でしょうか?

 今回、地震被害にあった建物を直して使い続けた事例として、2007年に
起こった能登半島地震での民家復旧プロジェクトの概要と、過去の迅速な復旧
活動として名高い1944年の鳥取震災の復旧について紹介します。
 また、建立から1300年経た国宝薬師寺東塔が自然災害とともに歩んでき
た歴史についても説明いたします。
 さらには、みなさんとご一緒に、町家を使い続ける方法と魅力について考え
ることができたら嬉しいです。

 日 時:平成22年10月17日(日)13:30〜15:30頃
                     (受付13:15〜)
 場 所:京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム

 定 員:50名

 資料代:会員/700円  非会員/1000円

 申込方法:10月16日(土)正午までに、
      京町家風の会サイト http://www.kyo-kaze.jp/mailsanka.htm
      もしくはFAX:075-841-8089まで。
      ◎FAXの方は、以下の項目をご記入の上、送信してください。
      1)氏名(ふりがな)、2)会員/非会員、3)連絡用電話番号(携帯
      電話)、4)住所、5)懇親会参加の可否、6)備考
      ※セミナー終了後、懇親会あり(会費3000円程度)
      ※当日のご連絡は、電話090-1131-8074(井上)まで。

 お問い合わせ・主催:特定非営利活動法人京町家・風の会
           京都市上京区下立売通七本松西入る西東町364
            TEL:075-841-8074
                        MAIL:machiya@kyo-kaze.jp

 後 援:財団法人京都市景観・まちづくりセンター



***********************************

   ◆ふろいこか〜2010 京都編

***********************************

 昨年より始まった、銭湯ファンによる、銭湯ファンのためのトークイベント
「ふろいこか〜」が今年も開催されます。今年は東寺近くにあり、今秋公開の
映画『マザーウォーター』のロケ地にもなった、レトロな日の出湯さんが会場
です。スライドを使った銭湯紹介やご主人へのインタビューなどのほか、銭湯
の2階に下宿していた若手染色作家の関美穂子さんをゲストにお迎えし、楽し
いトークと銭湯愛あふれる出し物でお楽しみいただけます。
  →→ http://www.sairosha.com/meisento/furoikoka.htm

 日 時:平成22年10月17日(日)13:00〜15:00
                   (開場11:30)
                     
 場 所:日の出湯(京都市南区西九条唐橋町26−6)
     http://www.eonet.ne.jp/~hinodeyu/

 参加費:980円(日の出湯入浴券、飲み物、おやつ、お土産付)
     小学生以下は半額(490円)です

 定 員:60名

 申込み・
 お問い合わせ:予約はメールにお名前、人数、連絡先を明記の上、下記アド
        レスまでお送りください。折り返し、確認メールが届けば予
        約完了です。
          MAIL:furoikoka@yahoo.co.jp
        電話、FAXの場合は、さいろ社078‐453‐6796松本まで。不
        在の場合は、留守番電話にお名前、人数、連絡先をお伝えく
        ださい。

 主 催:ふろいこか〜2010実行委員会

 後 援:財団法人京都市景観・まちづくりセンター

 協 賛:牛乳石鹸共進社株式会社



━━2.図書コーナーより ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 今月の図書コーナー企画展示のテーマは「福祉用具」です。
 10月1日は「福祉用具の日」です。
 ひと・まち交流館京都1階にある福祉用具コーナーから自助具(じじょぐ)
をお借りして展示しています。
 本と合わせて手に取ってごらんください。



----------------------------------------------------------------------
発行元:京都市景観・まちづくりセンター
住 所:京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1
      「ひと・まち交流館 京都」地下1階
電 話:075-354-8701
FAX:075-354-8704
E-mail:machi.info@hitomachi-kyoto.jp
ホームページ: http://machi.hitomachi-kyoto.jp
■配信を終了される場合は、下記のページで登録をご解除ください。
 http://machi.hitomachi-kyoto.genki365.net/gnkk17/pub/magm_rule.php
----------------------------------------------------------------------