京都市 景観・まちづくりセンターからのお知らせ 147号

**********************************
 
2 京都景観エリアマネジメント講座 参加者募集中!
 ※1月、2月に開催されるセミナーのご案内です。

**********************************
主催:NPO法人京都景観フォーラム
共催:(公財)京都市景観・まちづくりセンター
NPO京都景観フォーラムでは、景観についての専門的なスキルをトータルに
身に付けるための講座(全8回)を7月から開催しています。景観やまちづ
くりに関わる方や、興味を持っておられる方は是非、ご参加ください。
・第7回
 1月17日(土)「景観政策と法律」
 講師:飯田昭氏(弁護士・京都第一法律事務所/
                京都弁護士公害対策・環境保全委員会)
    石田光廣氏(司法書士・まちづくり司法書士事務所/
                     京町家承継促進研究会代表)
・第8回
 2月21日(土)「景観まちづくり・修了式」
 講師:眦銚雄氏(京都大学大学院教授/都市計画・居住空間学)
 修了式:実践講座修了レポート発表と修了式

【時 間】13:30−18:00
【会 場】京都市景観・まちづくりセンター
【受講料】各回:5,000円 
【申 込】NPO京都景観フォーラム  
 FAX:075-491-9663/E-mail:kyotokeikanforum@yahoo.co.jp

***********************************

3 町家をトーク〜京町家の職人さんらが毎月語る「町家の学校」〜
  参加者募集! 
                       
***********************************
主催:町家をトーク運営委員会
後援:(公財)京都市景観・まちづくりセンター
(一社)関西インテリアプランナー協会
  2000年に現在の四条京町家で始まった“町家で町家をトーク”が、以来
15年目を迎え、4月から開講しています。
毎月、計12回に亘って京都が誇る京町家に関わる職人さんが代わる代わる
職種ごとにその魅力や技、知見をお話して頂きます。映像なども駆使し、
ときには道具や材料などのサンプルを見せて頂きながら、分かり易く楽しく
勉強します。
 第10回:平成27年1月13日(火)19:00〜21:00
 テーマ:「大工」 講師:谷口昇さん((有)日昇工業 代表)
 第11回:平成27年2月10日(火)19:00〜21:00
 テーマ:「町家の暮らし」 講師:田中峰子さん(冨田屋 当主)
◆会 場:京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム
◆会 費:単回会費 1,500円(過去に「町家をトーク」「住いをトーク」へ
     の通年参加者、又は学生さんは1,000円/1回)
     通年 12,000円(12回)(過去通年参加者は9、600円)
◆申込・問合先 :「町家をトーク」事務局
 〒600-8875 京都市下京区西七条石井町52
  電話 : 090-6550-2468 / FAX : 075-315-2394 
          担当:(町家をトーク 代表)岡田 優

***********************************

4 平成26年度文化庁委託事業
  「NPO等による文化財建造物の管理活用事業」
  木造文化財建造物防災★公開研究会 第6回
  「水害・土石流災害と木造文化財」参加者募集!

***********************************
 平成26年8月、広島・丹波で多大な被害を発生させた集中豪雨災害は記憶に
新しいところですが、近年、集中豪雨を背景に全国で水害・土石流災害が頻発
しています。木造文化財が被災する水害も、伝建地区だけをとっても平成24年
7月九州北部豪雨における福岡県うきは市の筑後吉井・新川田篭(にいかわた
ごもり)、大分県日田(ひた)市豆田等の伝建地区の水害、平成18年7月豪雨
における長野県塩尻市奈良井の土石流災害・木曾平沢の浸水など、目立ってき
ています。土石流では人命危険が特に大きいうえ、浸水も建造物全体の損傷を
招く危険が高いため、文化財を守っていくためには、地区の水害リスクを具体
的に把握し、リスクのある地域では、豪雨時の被害軽減方策、被災後の復旧方
法等を予め検討しておくことが必要です。
今回の公開研究会では、平成18年9月豪雨で多大な被害を受けた塩尻市奈良井
木曾平沢両伝建地区の被害と災害後の復旧・再発防止対策について、長年、両
伝建地区の保存に携わってこられた渡邊 泰氏にご紹介頂きます。また、昭和
30年代から水害の調査・予測・対策の研究をリードしてこられ、塩尻市の伝建
地区の防災計画も指導された木下武雄博士に水害・土石流災害に関する対策の
基本的な考え方をお話し頂きます。
◆事例紹介:渡邊 泰氏 (長野県塩尻市) 
◆講    演:木下武雄氏 ((株)水文環境代表取締役・元防災科学技術研究所)
◆日    時:平成27年1月17日(土) 14時-17時 ( 開場13時 )
◆会    場:西陣ヒコバエノ家 
      (京都市上京区上立売通浄福寺西入姥ケ東西町632 番地)
◆参 加 費:1,500円(資料・ドリンク代)学生500円 
      終了後、懇親会開催(会費別途 1,000 円)
◆参加方法:1月13日(火)までに、お名前、所属、電話・FAX番号または
      メールアドレス、懇親会参加の有無を明記の上、下記までお申し
      込み下さい。
◆問合せ・事前申込み先: NPO法人 関西木造住文化研究会
                         (略称 KARTHカース)
TEL 075-411-2730 悠計画研究所内、 FAX 075-411-2725
E-mail info@karth.sakura.ne.jp  http://karth.blog13.fc2.com/
京都市上京区上立売通浄福寺西入姥ケ東西町632 番地

木造文化財・歴史的町並みの水害による被害、その対策について、ご相談のあ
る方は、申し込み時にご相談内容をお知らせ下さい。具体的な建造物・地域に
関するご相談の場合は、概要資料を添付して下さい。なお、内容によっては回
答できない場合があること、また、固有名詞・個人情報等を外して研究会で事
例として紹介させて頂く場合があることは予めご了承下さい。

◇今後の公開研究会 第7回 2月 
本事業で行っている調査をもとにテーマを設定いたします。

********************************** 

5 京あるきin東京2015「京町家・東京シンポジウム」
「景色の継承 −京町家の再生を通して−」
参加者募集中!

**********************************

都市の歴史を今も感じさせる京都。そこに暮らす人々が生活の中で作り上げて
きた住まいである京町家の未来を考えます。形と心、それを伝える智恵につい
てパネリストと共に検証します。
※事前申込み制(定員300名)【入場無料】

◆日時:平成27年2月20日(金)13:30〜15:30
◆出演者
パネリスト:
 デービッド・アトキンソン(小西美術工藝社会長兼社長)
 小川 勝章(造園「植治」次期12代)
コーディネーター:
 小島 冨佐江(NPO法人京町家再生研究会理事長)
◆場所:野村コンファレンスプラザ日本橋 6階大ホール
(東京都中央区日本橋室町2丁目4番3号 日本橋室町野村ビル6階)
◆お問合せ:「京あるきin東京2015」事務局 / 03-3568-3843
◆お申込み:
ホームページからのお申し込み
 京あるきin東京2015ホームページ http://kyoaruki.jp/ より
お申込みください。
FAX・往復はがきでのお申し込み
々嶌駄勝福峙町家・東京シンポジウム」)⇒絞愴峭罅´住所 せ疚勝覆
りがな) デ齢 ε渡暖峭罅´FAXでお申込みの方はFAX番号 ┐修梁彰
望者全員の氏名と年齢(※グループでお申込みの場合)を明記の上、次までお
送りください。
〒107‐6033 東京都港区赤坂1-12-32
アーク森ビル33階 私書箱562号
 (株)プラップジャパン内「京あるきin東京2015」事務局
FAX:03-3568-3838 
◆申込締切:2月6日(金)必着

**********************************

6 温故育新〜文化と歴史再発見〜絆 輝く八瀬まちづくり
  「天皇と八瀬童子」講演会 参加者募集!

**********************************
 左京区八瀬の地に、平安時代より生活してきた人々を八瀬童子といいます。
かれらは自治組織を形成し、天皇家や延暦寺と深い関わりを持ってきましたが
、現在に至っても、皇室とのつながりを大切にしています。この講座では、こ
の八瀬童子の歩みを、特に天皇との接点を中心に見て行きたいと思います。
◆講師:京都市歴史資料館 宇野 日出生 氏
◆日時:平成27年1月25日(日)受付:午後12時30分〜
 講演:午後1時〜2時45分 パネル・映像展示 午後2時45分〜
◆会場:京都市立八瀬小学校体育館
◆主催:八瀬自治連合会「まちづくり委員会」
 後援:八瀬童子会、八瀬郷土文化保存会、八瀬天満宮社、京都市、
    京都市景観・まちづくりセンター、京都バス株式会社
◆受講無料
◆参加申込方法
 参加申込方法は、お住いの地域によって異なります。
 *八瀬地域在住の方は、お住いの町内の町内会長あてに直接お申し込みくだ
さい。
 *他地域にお住いの方はすべて、往復ハガキによる応募となります。一枚の
ハガキで5名様までお申し込みいただけます。ハガキでの募集定員は150名で
、応募多数の場合は先着順とします。
◆往復ハガキ記入内容
 <往信の宛名面> 〒 601-1252 京都市左京区八瀬秋元町578 八瀬出張所気付
 八瀬自治連合会 まちづくり委員会 宛 
 <往信の裏面>,名前(代表者の方だけで結構です。) ∋臆担望人数(合
計5名様まで) お住まいの市区町村名
 <返信の宛名面> 代表者の方の「住所」と「お名前」
 <返信の裏面> ※何も書かないでください。
◆往復ハガキでの応募について
・申込期間:平成27年1月15日(木)まで(当日消印有効)【先着順】
*ご注意
 ・ご参加の可否は、後日、返信用ハガキにてお知らせいたします。
 ・ご参加の方は当日、お送りしたハガキをご持参ください。
*詳細は http://yase.kyoto.jp/ac/ をご覧ください。
*お問い合わせは	こちらまで… mori@solid.ocn.ne.jp
◆会場へのアクセス
 会場の八瀬小学校は、京都バスのバス停「ふるさと前」から徒歩0分、降り
立ったその場所が、小学校の正門前です。
 ※駐車場はありません。ご来場には、公共交通機関をご利用ください。
主要駅からのアクセス
京都駅から京都バス17・18番(所要時間50〜60分)、阪急河原町・三条京阪・
出町柳から京都バス17・18番(所要時間30〜50分)、地下鉄国際会館駅から京
都バス19番(所要時間20〜30分)、叡山電車八瀬比叡山口駅から京都バス17・
18・19番(所要時間10分)

***********************************

★図書コーナー  1月企画展示「防災ボランティア」★

***********************************

 1月17日は「防災とボランティアの日」阪神・淡路大震災から20年が経過し
ました。図書コーナーの企画展示は「防災ボランティア」特集として、防災に
取り組む市民や様々な災害復興ボランティア活動に関する図書を展示していま
す。
 震災の記憶を風化させないためにも、地域で取り組む防災について考えてみ
ませんか?


----------------------------------------------------------------------
発行元:公益財団法人京都市景観・まちづくりセンター
住 所:京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1
      「ひと・まち交流館 京都」地下1階
電 話:075-354-8701
FAX:075-354-8704
E-mail:machi.info@hitomachi-kyoto.jp
ホームページ: http://machi.hitomachi-kyoto.jp
※このメールアドレスは配信専用です。返信はできませんのでご了承ください
。
■配信を終了される場合は、下記のページで登録をご解除いただけます。
 http://machi.hitomachi-kyoto.genki365.net/gnkk17/pub/magm_rule.php
----------------------------------------------------------------------