京都市 景観・まちづくりセンターからのお知らせ 臨時号


***********************************
【目次】
 1 「景観・まちづくり大学(夏季)」参加者募集中!!
    京のまちづくり史セミナー & まちづくり実践塾 &
    京町家再生セミナーを開催します。
 2 〜NPOとの連携で地域を元気に!〜 
    きょうと地域力アップおうえんシンポジウム
    参加者募集中!(多くの皆様の御参加をお待ちしています!)

***********************************

   峽粉僉Δ泙舛鼎り大学(夏季)」参加者募集中!!
    京のまちづくり史セミナー & まちづくり実践塾 &
    京町家再生セミナーを開催します。
 
***********************************
 公益財団法人 京都市景観・まちづくりセンターでは、まちづくりに関する
様々なセミナー「景観・まちづくり大学」を開催しています。この度、7月か
ら9月までのセミナーについて受講者を募集しますので、お知らせします。
 幅広い世代の方に、まちづくりについて考えていただくきっかけづくりとし
て、本講座をご活用ください。多数のみなさんのご参加をお待ちしています。
 
■京のまちづくり史セミナー
 都市史の中でも、特に住民の自立した活動としてのまちづくりの変遷を学ぶ
講座です。京都のまちの本来の個性や魅力について今一度振り返り、京都にお
ける今後のまちづくりのあり方を考えます。
 *京都の都市の変遷や、まちづくり活動の歴史に関心のある市民の方が対象
です。

◆テーマ:「京都復興の展開:明治期の首長は地域とどう向き合ったのか」
 定 員:50名(申込先着順、参加費無料)
 講 師:中川 理 氏(京都工芸繊維大学大学院教授)
 日 時:平成26年7月16日(水)午後7時〜午後9時
 会 場:京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム
 内 容:明治の遷都によって、京都は首都の地位を失い停滞の時代を迎えた
     といわれます。そこからいかに京都は復興したのでしょうか。
     今回は、首長、議会、町衆が互いにいかなる交渉をしながら京都復
     興に取り組んでいったかに焦点を当てます。京都復興を題材に、伝
     統と近代をいかに調和させるか、現代にも通じるまちづくりの基本
     テーマを考えます。

◆テーマ:「近代京都と東山:
     生活行為がつくる景観から都市計画がつくる景観へ」
 定 員:50名(申込先着順、参加費無料)
 講 師:中嶋 節子 氏(京都大学大学院准教授)
 日 時:平成26年7月30日(水)午後7時〜午後9時
 会 場:京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム
 内 容:京都の山並みを代表する東山。近世、東山は肥料や燃料の供給地と
     して、人々の生活を支えていました。近代になると、東山は明治政
     府による管理の対象として変化しました。今回は、京都と東山の関
     わり方の特徴と、その変遷を近世から現代まで丹念に追っていきま
     す。そして、現在の東山の景観を支える都市計画や人々の取組みに
     ついて考えていきます。

◆テーマ:「オランダに学ぶ近代建築の保存活用」
 定 員:50名(申込先着順、参加費無料)
 講 師:笠原 一人 氏(京都工芸繊維大学大学院助教)
 日 時:平成26年9月10日(水)午後7時〜午後9時
 会 場:京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム
 内 容:古い建物を保存し、街並みをよりよいものとするため、京都のみな
     らず世界中で、建築の保存や活用に関する方法が様々に取られてき
     ました。今回は、1988年にDOCOMOMOが設立されるなど、近代建築の
     保存に関する先進国であるオランダにおける建築の保存と活用の様
     子を紹介しながら、今後京都で展開できる取組みの可能性を探りま
     す。

■まちづくり実践塾
 まちづくり活動に活用できる情報を提供する講座です。夏季は、地域まちづ
くりを行う上で基本となるテーマに関する実践的な知識を身に付け、現在そし
て今後のまちづくり活動のあり方について議論を交え考えます。
 ※これから地域まちづくりに取り組んでいきたい学生・地域の方、若手専門
家や、現在地域まちづくりに取り組まれている地域の方、専門家が対象です。
 
◆テーマ:地域の伝統行事とまちづくり〜成逸学区の地蔵盆調査をもとに〜
 定 員:30名(申込先着順、参加費無料)
 講 師:石本 幸良 氏(京・まち・ねっと 代表)
     牧本 晴男 氏(成逸学区自主防災会会長)
 日 時:平成26年7月25日(金)午後7時〜午後9時
 会 場:京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム
 内 容:地域の伝統行事は、まちづくりにおいてどのような役割を果たして
     いるでしょうか。今回は、京都の夏の風物詩「地蔵盆」を取り上げ
     ます。すべての町内で地蔵盆が行われている成逸学区での調査をも
     とに、変化しながらも継承されてきた姿、現代の地域における伝統
     行事の意義を学び、今後、このような地域の文化をどう守り活かし
     ていくかを考えます。
     *京都市でも、「地蔵盆」を“京都をつなぐ無形文化遺産”として
      登録を目指しています。

◆テーマ:地域が学校をつくり、学校が地域をつくる:学区による学校運営
 定 員:30名(申込先着順、参加費無料)
 講 師:和崎 光太郎 氏(京都市学校歴史博物館 学芸員)
 日 時:平成26年8月1日(金)午後7時〜午後9時
 会 場:京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム
 内 容:「学区」がつくられた明治以降、京都では学校と地域が互いに支え
     あう関係が築かれ、地域コミュニティの単位として認識されてきま
     した。しかしそれゆえ、学校の統廃合等が地域社会に影響を及ぼす
     場面も少なくないようです。本回は、学校と地域自治の関係を振り
     返り、京都におけるまちづくりの今後について議論します。

◆テーマ:地域まちづくりからみた「学区」とは
 定 員:30名(申込先着順、参加費無料)
 講 師:田中 志敬 氏(福井大学地域共生プロジェクトセンター助教)
 日 時:平成26年9月3日(水)午後7時〜午後9時
 会 場:京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム
 内 容:現在でも、京都のまちづくりを考える上でキーワードのひとつとな
     る「学区」。今それぞれの地域では、担い手の発掘や継承などの運
     営上の課題を抱えながらも、地域活動が行われています。京都にお
     ける学区をベースとしたまちづくりの現状やその取組みのプロセス
     を学び、他都市の事例も交えながら持続的な地域運営のあり方等に
     ついて考えます。

■京町家再生セミナー 
 京町家の“最初の一歩”としての基本講座です。京町家に関する基本を,さ
まざまな視点から学びます。京町家のつくりや暮らしやすくするための工夫,
貸し借りに関することなど,身近な存在としての京町家の姿を知り,再生の方
法を学びます。
 ※京町家居住者や京町家所有者、京町家に関心がある方が対象です。

◆テーマ:「京町家に移り住んで〜伊藤邸の夏のしつらえ〜」
     ※京町家所有者・居住者向け
 定 員:15名(申込先着順、参加費無料)
 話し手:伊藤 正人 氏(京町家所有者)
 コーディネーター:朝倉 眞一 氏(まちひろば計画工房)
 日 時:平成26年7月26日(土)午後2時〜午後4時
     (集合時間:午後1時50分)
 会 場:伊藤邸(京都市南区四ツ塚町)
     ※参加申込時に詳細な会場案内をさせていただきます。
 内 容:京町家まちづくりファンドを活用して自宅町家(昭和初期建築)を
     改修された伊藤邸を見学させていただきます。夏のしつらえや季節
     に応じた床の間飾り、新緑から紅葉まで美しい表情を見せる庭など
     、季節ごとに町家の暮らしは変化を感じさせてくれます。
     みなさんで、町家の暮らしの魅力、四季の暮らしの楽しみ方などに
     触れてみたいと思います。
 申込期限:平成26年7月22日(火)

◆テーマ:「町家の税金のこと教えます!」
 定 員:50名(申込先着順、参加費無料)
 講 師:株式会社みやこ不動産鑑定所
     代表取締役 辻本 尚子 氏(税理士、不動産鑑定士)
 日 時:平成26年8月21日(木)午後7時〜午後9時
 会 場:京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム
 内 容:親の町家を相続したが相続税がかからないか心配だ。空き家にして
     いる町家を貸したいが経理や税金のことを考えると面倒だ。町家に
     住みたいのだけれど不動産を買ったら税金が要るの?等々、税金の
     事が分からなくて困っていませんか?
     正しい税務知識を身につけて町家の保全と活用に役立てましょう。
     税の仕組みについて易しく学びます。

◆テーマ:「京町家と相続」
 定 員:50名(申込先着順、参加費無料)
 講 師:はるかぜ総合司法書士事務所 代表 内藤 卓 氏(司法書士)
 日 時:平成26年8月27日(水)午後7時〜午後9時
 会 場:京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム
 内 容:京町家の所有者の方が亡くなって,しばらくすると建物が取り壊さ
     れ,跡地が駐車場になったり,マンションが建設されたり,という
     光景をよく目にします。遺言等による所有者の遺志が残されておら
     ず,相続人が単なる不動産として処分してしまうからです。
     京町家を承継していくには・・・相続の観点から考えます。

◆テーマ:「町家探しの心得イロハ」
 定 員:50名(申込先着順、参加費無料)
 講 師:NPO法人京町家・風の会
     代表 井上 信行 氏(宅地建物取引業主任者)
 日 時:平成26年9月13日(土)午後2時〜午後4時
 会 場:京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム
 内 容:町家を買うにせよ借りるにせよ、町家を探すときに、最も重要で忘
     れてはならないことは、単なる探し方手順や物件の流通状況の知識
     を得るということではなく、京都のまちや京都人の生活文化につい
     てよく知ることです。
     家選びは、「まち選び」。京都人のわたくしがたくさんの事例を交
     えつつ詳しくお話しします。
 共 催:NPO法人京町家・風の会

◆テーマ:「京町家の売買・賃貸契約と注意点」
 定 員:50名(申込先着順、参加費無料)
 講 師:有限会社みのり住建
     代表取締役 苗村 豊史 氏(京町家専門相談員)
 日 時:平成26年9月24日(水)午後6時30分〜午後8時30分
 会 場:京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム
 内 容:京町家は、居住・活用されてこそ価値のあるものです。
     京町家の保全・再生と空き家解消の一助になる事を願い、本回では
     京町家の売買と賃貸の契約上の注意点について分かりやすくお話を
     します。
     京町家を売りたい方、買いたい方、貸したい方、借りたい方、いず
     れをお考えの方にも参考にして頂ける内容です。
     また、京町家の利活用事例についてもお話しますので、お気軽にご
     参加ください。

■申込方法
電話、FAX又はE-mailで、次の内容を添えてお申し込みください。
.札潺福写勝↓開催日、氏名(フリガナ)、づ渡暖峭
※会場へのアクセス等、ご不明な点がありましたら下記の問合せ先にご連
絡ください。

■申込み・問合せ先
(公財)京都市景観・まちづくりセンター
〒600−8127
京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1
(河原町五条下る東側)
「ひと・まち交流館 京都」地下1階
TEL:075−354−8701  FAX:075−354−8704
E-mail machi.info@hitomachi-kyoto.jp
URL    http://machi.hitomachi-kyoto.jp


***********************************

 ◆ NPOとの連携で地域を元気に!〜 
   きょうと地域力アップおうえんシンポジウム
   参加者募集中!(多くの皆様の御参加をお待ちしています!)

***********************************
◆内容 
自治会・町内会などの地域団体とNPO は,その成り立ちや性格は違いますが,
より良いまちづくりのために頑張ろうとする思いは同じです。 
今回のシンポジウムでは,地域団体とNPOが連携し,地域の課題解決に向け
て共に取り組んでいる4事例の発表を交え,地域における活動をさらにパワー
アップするためのヒントを考えます。 
◆開催概要 
・日時:平成26年7月6日(日)午後1時30分〜午後4時
               (午後1時開場) 
・場所:ひと・まち交流館 京都(河原町五条下る東側) 
    地下1階 景観・まちづくりセンター ワークショップルーム 
・対象:地域のなかに気になることがある、 
    地域の課題解決に取り組むためにどこに相談すればいいだろう? 
    「連携」したらどんなことが起きるのだろうか?
    といった思いや疑問をお持ちのみなさま。お気軽に御参加ください!
   ※当日は,地域団体とNPO法人の連携事業に関する助成プログラムに
    ついても説明があります。 
・定員:100人(事前申込み不要) 
・コーディネーター:谷口 知弘 氏 
    (同志社大学政策学部・大学院総合政策科学研究科 客員教授) 
・主催:京都市
    (特活)きょうとNPOセンター(市民活動総合センター指定管理者)
・協力:(公財)京都地域創造基金
    (公財)京都市景観・まちづくりセンター 
◆事例の内容など、詳しい内容は以下のホームページからご覧ください。 
 URL:http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/page/0000166908.html 
◆問合せ先 
 京都市市民活動総合センター 
 京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83−1 
 ひと・まち交流館 京都 2階 
 TEL:075-354-8721 FAX:075-354-8723 
 URL http://shimin.hitomachi-kyoto.jp/ 
 E-mail: shimisen@hitomachi-kyoto.jp


----------------------------------------------------------------------
発行元:公益財団法人京都市景観・まちづくりセンター
住 所:京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1
      「ひと・まち交流館 京都」地下1階
電 話:075-354-8701
FAX:075-354-8704
E-mail:machi.info@hitomachi-kyoto.jp
ホームページ: http://machi.hitomachi-kyoto.jp
■配信を終了される場合は、下記のページで登録をご解除いただけます。
 http://machi.hitomachi-kyoto.genki365.net/gnkk17/pub/magm_rule.php
----------------------------------------------------------------------