京都市 景観・まちづくりセンターからのお知らせ 臨時号

***********************************

  「景観・まちづくり大学 春季」開講 参加者募集開始!  

***********************************
 公益財団法人 京都市景観・まちづくりセンターでは、まちづくりに関する
様々なセミナー「景観・まちづくり大学」を開催しています。この度、4月か
ら6月までのセミナーについて受講者を募集しますので、お知らせします。
 幅広い世代の方に、まちづくりについて考えていただくきっかけづくりとし
て、本講座をご活用ください。多数のみなさんのご参加をお待ちしています。

1 講座内容
(1)京のまちづくり史セミナー
 都市史の中でも、特に住民の自立した活動としてのまちづくりの変遷を学ぶ
講座です。昨年度に引き続き、「京都を両面から見る」をテーマに、京都に潜
む対比関係などを切り口にしながら歴史を辿ります。京都のまちの本来の個性
や魅力について今一度振り返り、京都における今後のまちづくりのあり方を考
えます。
◆「まちの中の町家、町家から見たまち」
・講  師:盒供々夫氏(花園大学教授、京都大学名誉教授)
・開催日時:平成26年5月26日(月)18:30〜20:30
・会  場:京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム
・参加費 :無料
・定  員:50名(先着順)
・申込締切:定員に到達次第
・内  容:京都において、まちを構成する重要な要素の一つである京町家は
、そもそもどのようにして生まれたのでしょうか。町家のおこりやその建てら
れ方などについて、都市の視点から広く探るとともに、町家の形態や施された
しつらえから見える、京都で暮らした人々の生活やまちへの意識について学び
ます。

◆「秀吉の大改造:マクロとミクロ」
・講  師:盒供々夫氏(花園大学教授、京都大学名誉教授)
・開催日時:平成26年6月10日(火)18:30〜20:30
・会  場:京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム
・参加費 :無料
・定  員:50名(先着順)
・申込締切:定員に到達次第
・内  容:長く続いた戦国の騒乱後、豊臣秀吉は京都の都市大改造に着手し
ました。それは、わずか十数年で応仁の乱から復興させたトップダウンの都市
計画でありながら、京都の住民が年月をかけて創り上げたまちづくりを継承し
た点で画期的なものでした。本回では、この大改造を題材に、都市に対する俯
瞰的な見方とヒューマンスケールの視点について学び、現代の京都に至った背
景を考えます。

(2)京町家再生セミナー
 京町家の“最初の一歩”としての基本講座です。京町家に関する基本を、さ
まざまな視点から学びます。京町家のつくりや暮らしやすくするための工夫、
貸し借りに関することなど、身近な存在としての京町家の姿を知り、再生の方
法を学びます。
◆「京町家と京のまちづくり」
・講  師:宗田 好史氏(京都府立大学大学院教授)
・開催日時:平成26年4月23日(水)19:00〜21:00
・会  場:京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム
・参加費 :無料
・定  員:50名(先着順)
・申込締切:定員に到達次第
・内  容:失われつつあった京町家の価値をいち早く発見した市民・専門家
が、その価値を多くの市民さらには国内外に発信し、幅広い共感を得てきまし
た。京都市も京町家再生プランを定め、町家のある町並みを活かした景観まち
づくりを進めています。今私たちは、京町家の何を受け継ぐのか・・・?現代
における京町家の価値を再考し、これからの京町家再生について考えます。

◆「春秋・町家見学会(春の回) 生谷家住宅主屋」
・講  師:有限会社長瀬建築研究所 代表取締役 長瀬 博一氏
      京都庭園室 代表 小埜 雅章氏
・開催日時:平成26年5月10日(土)13:30〜16:30
      (集合時間:13:20)
・会  場:生谷家住宅主屋
           (京都市上京区室町通鞍馬口下る2丁目竹園町15)
      ※会場地図は当センターHPをご覧ください。
       http://machi.hitomachi-kyoto.jp/daigaku_26spring_machiya2.html
・参加費 :無料
・定  員:30名(先着順)
・申込締切:平成26年5月6日(火) ※定員に到達次第締切
・共  催:町家をトーク運営委員会
・後  援:一般社団法人 関西インテリアプランナー協会
・内  容:国登録有形文化財「生谷家住宅主屋」は青物問屋を営んでいた旧
家で、天明の大火(1788年)で被災し、住宅主屋は明治初期の建立といわれて
います。今回、改修整備された同家を見学し、建物改修の設計監理をされた長
瀬氏とお庭を造られた小埜氏から、同家について歴史的・建築的視点から解説
して頂きます。

◆「京町家を地震から守るために」
・講  師:林 康裕氏(京都大学大学院教授)
・開催日時:平成26年6月4日(水)19:00〜21:00
・会  場:京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム
・参 加 費:無料
・定  員:50名(先着順)
・申込締切:定員に到達次第
・内  容:“京都では大地震は起こらない?”
 歴史を振り返ってみると、京都市周辺も度々地震の被害を受けており、現在
、近畿地方は地震の活動期に入っているといわれています。京都市は多くの活
断層に囲まれていることを踏まえ、京都における地震と京町家ならではの構造
を学び、地震から“いのち”を守るための耐震化について考えます。

◆「大工さんに聞く、町家のキホン」 
・講  師:狩野 文博氏、米田 安志氏、堀 榮二氏(京都府建築工業協同
組合)
・開催日時:平成26年6月21日(土)14:00〜16:30
・会  場:よしやまちの町家
           (京都市上京区葭屋町通下立売下る丸屋町260)
      ※会場地図は当センターHPをご覧ください。
             http://machi.hitomachi-kyoto.jp/daigaku_26spring_machiya4.html
・参 加 費:無料
・定  員:20名(先着順)
・申込締切:定員に到達次第
・内  容:”京町家ってよく見聞きするけど、何がちがうの…?” 
よしやまちの町家(京町家改修のモデル住宅)を見学しながら、大工さんから
京町家のつくりについて模型等を使って分かりやすく学びます。町家は、伝統
的な構法により、自然素材で造られた木造の「すまい」です。町家に長く住み
続けるための維持管理についても伺います。

2 申込方法
電話、FAX又はE-mailで、次の内容を添えてお申し込みください。
.札潺福写勝↓開催日、氏名(フリガナ)、づ渡暖峭
※会場へのアクセス等、ご不明な点がありましたら下記の問い合わせ先にご連
絡ください。

3 申込み・問い合わせ先
(公財)京都市景観・まちづくりセンター
〒600−8127
京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1
(河原町五条下る東側)
「ひと・まち交流館 京都」地下1階
TEL:075−354−8701  FAX:075−354−8704
E-mail machi.info@hitomachi-kyoto.jp
URL    http://machi.hitomachi-kyoto.jp

----------------------------------------------------------------------
発行元:公益財団法人京都市景観・まちづくりセンター
住 所:京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1
      「ひと・まち交流館 京都」地下1階
電 話:075-354-8701
FAX:075-354-8704
E-mail:machi.info@hitomachi-kyoto.jp
ホームページ: http://machi.hitomachi-kyoto.jp
■配信を終了される場合は、下記のページで登録をご解除いただけます。
 http://machi.hitomachi-kyoto.genki365.net/gnkk17/pub/magm_rule.php
----------------------------------------------------------------------