京都市 景観・まちづくりセンターからのお知らせ 137号

ソチ・オリンピックも終わり、深夜テレビにかじりつく夜型生活と寝不足から
ようやく脱却しました。いつしか厳しかった寒さも和らぎ、日ごとに昼が長く
なるのを感じています。まちセンでも、本格的な春の訪れと新年度を間近に控
え、今年度の締めくくりと共に新しい企画を準備中です。これからも温かいご
支援をよろしくお願いします。(A.T)

***********************************

  「景観・まちづくり大学 冬季」好評開催中!  

***********************************
(主催:(公財)京都市景観・まちづくりセンター)
◆京町家再生セミナー
・テーマ :「町家の改修計画から工事までの手順」
・講  師:力石 教夫氏
     (NPO法人 古材文化の会、力石一級建築設計事務所代表)
・開催日時:平成26年3月7日(金)19:00〜21:00
・会  場:京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム
・参 加 費:無料
・定  員:50名(先着順)
・申込締切:定員に到達次第
・内  容:京町家の改修計画を立てるときには、これからどのように暮らし
ていきたいのか、特に、改善の度合い、直し方(工法)、機能とデザインに対
する住み手の考え方が重要です。今回は、具体的な改修設計から工事費の検討
、工事着手までの手順と注意すべきポイントについて学びます。 

◆京のまちづくり史セミナー
・テーマ :「京都小学校校舎の発展過程と学区」
・講  師:大場 修氏(京都府立大学大学院教授)
・開催日時:平成26年3月23日(日)14:00〜16:00
・会  場:市民大学院(文化政策・まちづくり大学校)
      (下京区高辻通室町西入繁昌町290(旧成徳中学校))
 *申込時に住所をお知らせください。後日、会場地図を郵送致します。
・参 加 費:無料
・定  員:40名(先着順)
・申込締切:定員に到達次第
・内  容:京都の小学校校舎の歴史は、学区民によるまちづくりの歴史でも
あります。校舎建築の変遷をたどりながら、地域の人々がどのように小学校を
発展させたのか、その歩みをたどります。

◆申込み、問合せ先
 (公財)京都市景観・まちづくりセンター
  TEL:075-354-8701     FAX:075-354-8704
    E-mail:machi.info@hitomachi-kyoto.jp
    *電話、FAX又はE-mailで〇疚勝フリガナ)、電話番号を添えてお
申込みください。


***********************************
 参加者募集! 
   町家をトーク〜京町家の職人さんらが毎月語る「町家の学校」〜    
                     
***********************************
(主催:町家をトーク運営委員会、共催:(公財)京都市景観・まちづくりセ
ンター、後援:一般社団法人 関西インテリアプランナー協会)
  2000年に現在の四条京町家で始まった“町家で町家をトーク”が、以来
14年目を迎えました。昨年4月から、毎月計12回に亘って京都が誇る京町家に
関わる職人さんに代わる代わる職種ごとにその魅力や技、知見をお話して頂き
、映像なども駆使し、ときには道具や材料などのサンプルを見せて頂きながら
、分かり易く楽しく勉強しています。
今回が今年度最後の講座となります。皆様のご参加をお待ちしています。
・第12回:平成26年3月11日(火)19:00〜21:00
 テーマ:「和紙」 講師:杉原吉直さん(蠖原商店 代表)
・会 場:京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム
・会 費:単回会費:1,500円
 (過去に「町家をトーク」「住いをトーク」への通年参加者、又は学生さん
は1,000円/1回)
・申込・問合先 :「町家をトーク」事務局
 〒600-8875 京都市下京区西七条石井町52
  電話 : 090-6550-2468 / FAX : 075-315-2394 
       担当:(町家をトーク 代表)岡田 優


***********************************
 
 旧片岡家住宅主屋(登録有形文化財)
 解体・移築ドキュメンタリー+トークイベント 参加者募集!

***********************************
 旧片岡家住宅主屋は、伏見区に片岡直温邸として、娘婿の建築家・片岡安の
設計により建設された木造の洋館です。近代期の建築史を考察する重要な建築
と認められつつも、所有者の都合により1998年に解体が決定されました。建物
の建材や建具などは、この優れた建物を住み継ぐ必要性を強く感じた現所有者
に大切に保管され、解体から10年以上の月日を経て、2011年に現在地(右京区
)に建設当初のオリジナルの形に忠実に移築・再建されました。
移築・再建作業の道のりは多くの課題に阻まれていました。それでも「優れた
建築を将来に住み継ぐ重要性」の想いから、関係者の努力により実現させまし
た。
この一連の取組は、旧片岡家主屋だけの問題に留まらず、優れた建築をいかに
住み継いでいくかという多くの教訓が含まれています。そこで、本取組の報告
を兼ねて標記事業を行い、多くの人とともに共有し、京都における住まい・ま
ちづくりを考えていく機会として位置づけ、開催します。
・日時:2014年3月16日(日)14:00〜15:30
・場所:ひと・まち交流館京都地下1階
 京都市景観・まちづくりセンターワークショップルーム
・当日スケジュール:
  ドキュメンタリー上映(60分)
  トークイベント(30分)
・スピーカー:谷口一也(プロデューサー)
       石田洋子(監理)
       鈴木昭典(映像編集)
・ナビゲーター:大島祥子
・定員:50名(先着順、無料)
・主催:旧片岡家住宅主屋ドキュメンタリー映像上映実行委員会
・後援:(公財)京都市景観・まちづくりセンター


***********************************

 3月の図書コーナー企画展示は「老後をすこやかに」です★彡

***********************************
 3月の企画展示のテーマは「老後をすこやかに」です。
長い老後を健康に楽しくいきいきと過ごすためにどうすればよいか、高齢者の
経験談や具体的な方法を提案している資料を中心に展示しています。どうぞお
立ち寄りください。

----------------------------------------------------------------------
発行元:公益財団法人京都市景観・まちづくりセンター
住 所:京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1
      「ひと・まち交流館 京都」地下1階
電 話:075-354-8701
FAX:075-354-8704
E-mail:machi.info@hitomachi-kyoto.jp
ホームページ: http://machi.hitomachi-kyoto.jp
■配信を終了される場合は、下記のページで登録をご解除いただけます。
 http://machi.hitomachi-kyoto.genki365.net/gnkk17/pub/magm_rule.php
----------------------------------------------------------------------