京都市 景観・まちづくりセンターからのお知らせ 第92号

=====================================================================
            ■京都市景観・まちづくりセンターメールマガジン■
                    2010年7月2日  第92号
=====================================================================

 7月、祇園祭のシーズンですね。
 動く美術館と言われる鉾を見学したり、浴衣を着て宵山に繰り出したり、特
等席で巡行を観覧したり・・・いろいろな楽しみ方ができる華やかなお祭り。
 でも、その影にはたくさんの方々のご尽力があることをお忘れなく。
 今年は少し、そんな方々を労いながら、ゆっくりとまちなかを巡ってみては
いかがでしょうか。(K.A)

※メールマガジンにて配信した情報は、新聞社等、他の情報メディアにも提供
しています。

<今号の内容> 

1.京都市景観・まちづくりセンターよりのお知らせ 
◆『景観・まちづくり大学』 受講生募集中!!
 ●まちづくり実践塾
  (日時)平成22年7月31日(土)14:00〜16:00
 ●京のまちづくり史セミナー
  (日時)平成22年8月7日(土)14:00〜16:00
 ●京町家再生セミナー参加者の集い
  (日時)平成22年7月25日(日)15:00〜17:00
◆町家をトーク2010
  (日時)平成22年7月13日(火)19:00〜21:00
  (会場)ひと・まち交流館 京都 地下1階ワークショップルーム
  (主催)町家をトーク運営委員会
◆「観光のユニバーサルデザイン」京都セミナーのご案内
  (日時)平成22年7月14日(水)13:30〜17:00
  (会場)ひと・まち交流館 京都 地下1階ワークショップルーム
  (主催)日本福祉のまちづくり学会 観光まちづくり特別研究委員会
◆第2期 京都市文化財マネージャー育成講座(建造物)講座
    『わたしがみつけた文化財』発表会・修了式
  (日時)平成22年7月24日(土)10:30〜17:00
  (会場)ひと・まち交流館 京都 2階大会議室
  (主催)京都市文化財マネージャー育成実行委員会

2.情報いろいろ
◆KARTH公開勉強会
    「岐路に立つ木造伝統構法の再生に向けて
     今、私たちは何をなすべきか?〜熟練伝統技能者から学ぶ〜」 
  (日時)平成22年7月25日(日)15:00〜18:30
  (会場)西陣ヒコバエノ家
  (主催)関西木造住文化研究会

3.図書コーナーより

 
━━1.京都市景観・まちづくりセンターよりのお知らせ ━━━━━━━━
 
***********************************

   ◆『景観・まちづくり大学』 受講生募集中!! 

***********************************
  京都市景観・まちづくりセンターでは、京都の景観・まちづくりについ
 て、様々な角度から学び、考え、実践へとつなげていくことのできるセミ
 ナー「景観・まちづくり大学」を開講しています。
  幅広い世代の方に、まちづくりについて考えていただくきっかけづくり
 として、多数の皆様のご参加をお待ちしています。


●まちづくり実践塾
 『地域情報の効果的発信方法にせまる
      〜「らくたび文庫」の編集者に学ぶ〜』

 日 時:平成22年7月31日(土)14:00〜16:00

 会 場:京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム

 受講料:無料

 定 員:30名

 講 師:日沖 桜皮氏(株式会社桜風舎代表取締役・
            株式会社コトコト取締役編集長)

 内 容:地域に潜在する魅力的なコンテンツや自治会活動の情報を、より
     多くの人に効果的に届けるための媒体作成のヒントをいただきま
     す。


●京のまちづくり史セミナー(まちづくり史基礎講座◆
 『京の道とまちの成立 〜古代から中世〜』

 日 時:平成22年8月7日(土)14:00〜16:00

 会 場:京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム

 受講料:無料

 定 員:50名

 講 師:高橋 康夫氏(花園大学教授・京都大学名誉教授)

 内 容:京都の都市空間の原点である平安京の計画理念と、住民が住みこ
     なすことでまちや道が変化していく経緯を学びます。

    ○同時企画「『京のまちかど』で歴史をのぞく」
      ひと・まち交流館1階の展示施設『京のまちかど』に来たこと
     ありますか?知っているという人も詳しいガイドを聞けば、新し
     い発見があるはず。案内ボランティアのガイドのもと、映像や模
     型などを見ながら、分かりやすく京のまちづくり史について学び
     ます。
      ※まちづくり史基礎講座△料宛紊房損棔!


●京町家再生セミナー参加者の集い
 『町家で、木のある暮らし 〜季節や素材をたのしむ〜』

 日 時:平成22年7月25日(日)15:00〜17:00

 会 場:京都ペレット町家 ヒノコ
     (京都市中京区寺町通二条上る榎木町98−7)

 受講料:無料

 定 員:20名

 講 師:松田 直子氏(株式会社Hibana)

 コーディネーター:朝倉 眞一氏(まちひろば計画工房主宰)

 内 容:健康や環境に配慮し暮らしという側面とともに、季節を楽しむ、
     これまで大変だった夏の暑さと冬の寒さを上手に楽しく乗り切る
     工夫を参加者のみなさんで考えます。
      

 
***********************************

   ◆「町家をトーク2010」(第4回) 

***********************************
  「町家をトーク」は町家の職人さんの語りと実演と映像で展開する『町家
 の学校』です。
  第4回のテーマは「瓦 〜日本瓦の特性・特長〜」です。

 日 時:平成22年7月13日(火)19:00〜21:00

 会 場:ひと・まち交流館 京都 地下1階ワークショップルーム

 語り手:光本 大助氏(光本瓦店有限会社 代表)

 定 員:40名 

 受講料:1,500円(学生:1,000円)

 お問合せ・お申込み:「町家をトーク」事務局(代表 岡田 優)
           TEL:090-6550-2468  FAX:075-315-2394
            ※事前にTelまたはFaxにてお申込み下さい 

 主 催:町家をトーク運営委員会

 共 催:財団法人京都市景観・まちづくりセンター 



***********************************

   ◆ 「観光のユニバーサルデザイン」京都セミナーのご案内

***********************************
  2007年1月に観光立国推進基本法、2008年5月に地域における歴
 史的風致の維持及び向上に関する法律(通称「歴史街づくり法」)を制定し、
 2008年10月に国土交通省に観光庁が設置され、観光立国が推進されて
 きている。しかし観光対策の歴史は浅く、従来行われている「まちづくりや
 歴史的地域の保全」を観光の観点から考えることや「交通に関しても観光者
 が移動しやすい、歩きやすい」という観点からの計画が必ずしも十分に行わ
 れてこなかった。さらに、「障害者・高齢者など多くの利用者が使いやすい
 ユニバーサルデザイン」についても観光地の経験は少なくこれからという段
 階である。 
  本セミナーでは観光地を計画するための基本要素として多くの人が利用し
 やすい「ユニバーサルデザイン」に着目し、歴史的地区、自然地域などを中
 心とする観光地をどのように変えてゆくかを重点に考える。対象者は行政の
 方、コンサルタントの方、大学の研究者、観光地の市民などを対象としてい
 る。

 日 時:平成22年7月14日(水)13:30〜17:00

 会 場:ひと・まち交流館 京都 地下1階ワークショップルーム

 参加費:3,000円(「観光のユニバーサルデザイン」の本を含む)
     ※お支払いは当日受付でお願いします。

 定 員:先着40名 

 申込方法:セミナー、懇親会(会場近くで予定)、それぞれの参加の希望を
      明記のうえ、メールでお申し込みください。
      メール・アドレス:t_akiyamaken@yahoo.co.jp 

 主 催:日本福祉のまちづくり学会 観光まちづくり特別研究委員会 

 共 催:財団法人 京都市景観・まちづくりセンター 
     日本大学交通研究センター 

 内 容:第一部 観光ユニバーサルデザインのまちづくりと交通の基本 
                        13:40〜15:00
 
      ・観光のユニバーサルデザインの考え方 
         秋山 哲男氏 (前首都大学東京・教授) 
      ・観光と歩行空間と交通計画 
         松原 悟朗氏 (国際開発コンサルタンツ)
 
     第二部 文化遺産と自然のユニバーサルデザイン
                        15:20〜16:55
 
      ・自然遺産とユニバーサルデザインの考え方と方法 
         清水 政司氏 (地域開発研究所・主任研究員) 
      ・文化遺産のユニバーサルデザインの考え方と方法
                        ―京都の寺社を中心に―
         伊澤 岬氏  (日本大学・教授)

     懇親会 17:15〜 会場近くで開催予定(経費別途)

 問合せ・申込み先:日本福祉のまちづくり学会
           電 話:03-5251-3967 
           FAX:03-3504-3909



***********************************

   ◆第2期 京都市文化財マネージャー育成講座(建造物)講座
       『わたしがみつけた文化財』発表会・修了式

***********************************
  「京都市文化財マネージャー育成講座(建造物)」は、歴史的建造物の
 保存・活用と、それを活かしたまちづくりについて学ぶ講座です。
  平成22年1月から始まった第2期講座は7月24日に最終日をむかえ
 ます。
  最終日には班ごとに取り組んだ修了課題の発表会と修了式を行います。

 日 時:平成22年7月24日(土)10:30〜17:00
     ※ご都合の良い時間帯にお越しください。

 会 場:ひと・まち交流館 京都 2階大会議室

 参加費:無料です。歴史ある建物の保存・活用に関心をお持ちの方ならど
     なたでも参加できます。お気軽にお越しください。

 内 容:保存・活用することが望ましい歴史的建造物(群)を各班1件ずつ
     見つけて、現地調査を行い、関連資料を収集して、由緒・沿革を
     整理し、建築的特徴と文化的価値について考察と評価を加え、保
     存・活用に向けて具体的かつ実践的な提案を発表します。

 主 催:京都市文化財マネージャー育成実行委員会
     ※京都市、財団法人京都市景観・まちづくりセンター、特定非営利
      活動法人古材文化の会の三者で構成しています。

 問合せ先:特定非営利活動法人 古材文化の会事務局
        電 話:075-532-2103
                FAX:075-551-9811



━━2.情報いろいろ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

***********************************

   ◆KARTH公開勉強会
    「岐路に立つ木造伝統構法の再生に向けて
     今、私たちは何をなすべきか?〜熟練伝統技能者から学ぶ〜」 

***********************************
  現在、木造伝統構法は日本の建築史上、重大な岐路に立っており、各所で
 様々な再生に向けた取組が展開されています。今回はその中で、平成20年
 度から国が取り組んでいる「伝統的木造軸組構法住宅の設計法の開発」事業
 が目指している内容をふまえて、伝統構法を長年にわたって支えてきた熟練
 伝統技能者の大工棟梁から「伝統構法を今後、適切に再生・継承・発展させ
 ていくための具体策」を提言いただいた上で、今、私たちがなすべきこと、
 中長期目標と私たちの役割について、伝統技能者・建築実務者・研究者等の
 様々な分野の方々と意見交換して方向づける予定です。
  お気軽にご参加ください。

 日 時:平成22年7月25日(日)15:00〜18:30

 会 場:西陣ヒコバエノ家
     (京都市上京区上立売通浄福寺西入ル姥ヶ東西町632)

 参加費:1,000円(意見交換の部:軽食付。会員500円、学生無料)

 定 員:先着50名

 申込方法:参加希望の方は7月17日(土)までに、お名前、所属を明記の
      上、メールまたはFAXでお申し込みください。
      ※お申込み時点で参加受理とさせていただき、お返事は省略させ
       ていただきます。

 問合せ・申込先:関西木造住文化研究会(略称 KARTH)
           電  話:075-411-2730
                      FAX:075-411-2725
                      E-mail:info@karth.sakura.ne.jp
           H P:http://karth.blog13.fc2.com/



━━3.図書コーナーより ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  7月の図書コーナーの企画展示は「子どもとまちづくり」です。
  子どもたちが、まちへ興味・関心を持つきっかけづくりや、子どもたちの
 視点をまちづくりに取り込んだ事例を紹介している資料を展示します。
  どうぞお立寄りください。




----------------------------------------------------------------------
発行元:京都市景観・まちづくりセンター
住 所:京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1
      「ひと・まち交流館 京都」地下1階
電 話:075-354-8701
FAX:075-354-8704
E-mail:machi.info@hitomachi-kyoto.jp
ホームページ: http://machi.hitomachi-kyoto.jp
■配信を終了される場合は、下記のページで登録をご解除ください。
 http://machi.hitomachi-kyoto.genki365.net/gnkk17/pub/magm_rule.php
----------------------------------------------------------------------