京都市 景観・まちづくりセンターからのお知らせ  臨時号

***********************************

   ◆「景観・まちづくり大学 秋季」開講 募集開始!  

***********************************
 京都市景観・まちづくりセンターでは、まちづくりに関する様々なセミナー
「景観・まちづくり大学」を開催しています。この度、10月から12月まで
のセミナーについて受講者を募集しますので、お知らせします。
 幅広い世代の方に、まちづくりについて考えていただくきっかけづくりとし
て、本講座をご活用ください。多数のみなさんのご参加をお待ちしています。
 受講を希望される方は京都市景観・まちづくりセンターまで、お電話、e-ma
il又はFAXでお申し込みください。

1 講座内容
(1)京のまちづくり史セミナー
 都市史の中でも、特に住民の自立した活動としてのまちづくりの変遷を学ぶ
講座です。今年度は「京都を両面から見る」をテーマに、京都に潜む対比関係
などを切り口にしながら歴史を辿ります。京都のまちの本来の個性や魅力につ
いて今一度振り返り、京都における今後のまちづくりのあり方を考えます。

◆「調停する都市」
・講  師:中川 理氏(京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科教授)
・開催日時:10月9日(水)19:00〜21:00
・会  場:京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム
・参 加 費:無料
・定  員:50名(先着順)
・申込締切:定員に到達次第
・内  容:民衆社会に基づく強固な歴史性をもった京都において、近代は、
様々な対立的な二面性が特に生まれた時代でした。しかし京都はその二面性を
巧みに調整していきます。果たして、行政は、そして市民は、どのように状況
を打開していったのでしょうか。京都に起こった様々な「調停」の場面に焦点
を当て、現在の京都に至った経緯を探ります。

◆「京都の朝と夜:生活の場としての先斗町」
・講  師:小出 祐子氏(京都美術工芸大学工芸学部専任講師)
	 神戸 啓氏(先斗町まちづくり協議会副会長・事務局長)
・開催日時:11月29日(金)19:00〜21:00(講義とまちあるき
)
      11月30日(土)10:00〜11:00(まちあるき)
・会  場:京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルームほか
      *講義の後、先斗町界隈でまちあるきを行います。
・参 加 費:無料
・定  員:15名(両日共参加可能な方・定員に達した場合抽選)
・申込締切:11月15日(金)
・内  容:街の表情の豊かさも京都の特徴の一つです。しかしそれは、表面
的に繕ったものではなく、生活する人々の日常に裏打ちされたものであり、だ
からこそリアルさを伴った魅力があるのではないでしょうか。本回は同じ街の
時間帯の違う風景を見て回り、京都の歴史性が、人々の普段の生活と密接に関
係しながら育まれてきた様子を学びます。


(2)まちづくり実践塾
 まちづくり活動に活用できる情報を提供する講座です。今年度は、「景観」
をテーマとして、京都の景観を形づくってきた自然や営み、また海外の事例や
夜の景観について学び、京都の景観まちづくりの可能性を広げます。

◆「海外の歴史的環境保全から京都をみる」 
・講  師:江口 久美氏(京都大学大学院人間・環境学研究科、日本学術振
興会特別研究員)
・開催日時:10月25日(金)19:00〜21:00
・会  場:京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム
・参 加 費:無料
・定  員:30名(先着順)
・申込締切:定員に到達次第
・内  容:世界に先駆けて歴史的環境保全を行ってきたパリ。パリの景観保
全制度は、歴史的な建造物の保全から始まっています。京都と制度などのベー
スは異なりますが、同じように歴史的価値のある建物が多く残るパリでの景観
保全の流れを学び、京都の景観のこれからについて考えます。

◆「緑から考える京都の景観」
・講  師:眦帖仝Π貉瓠放眦朕肯嗄价聾Φ羹蟒蠶后⊃肯唳得源抉腑札鵐拭
常務理事、京都市緑化アドバイザー)
・開催日時:11月17日(日)10:00〜16:00
*昼食は各自でお願い致します。
・会  場:京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルームほか
・参 加 費:無料
・定  員:15名(先着順)
・申込締切:定員に到達次第
・内  容:京都らしい美しい山々。その森林の植生は、人々との関わりの中
で変化してきています。町並みを考える時にも緑の果たす役割は大きく、山並
みの緑と共に街路樹や公園、坪庭等の町中の緑も景観に大きく影響するのでは
ないでしょうか。
三山森林景観保全・再生ガイドラインづくりに関わられた講師と一緒にフィー
ルドワークを行い、京都らしい緑のあり方について考えます。
*若手の実践者・実務者志望の方を対象とした講座です。

◆「京都の夜景を考える」
・講  師:村上 幸三郎氏(街の色研究会・京都、村上デザイン事務所代表
)
・開催日時:12月5日(木)19:00〜21:00
・会  場:京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム
・参 加 費:無料
・定  員:30名(先着順)
・申込締切:定員に到達次第
・内  容:まちの夜景を創り、街の安全性と快適性を支える照明のはたらき
は大きいといえます。夜に適切な明るさを確保することがまず重要ですが、光
と影の演出によってまちに美しい夜の景観を作り出すことができます。照明の
基本的な事項とそれを活用する手法などを、多くの事例を通じて探ります。


(3)京町家再生セミナー
 京町家の“最初の一歩”としての基本講座です。京町家に関する基本を、さ
まざまな視点から学びます。京町家のつくりや暮らしやすくするための工夫、
貸し借りに関することなど、身近な存在としての京町家の姿を知り、再生の方
法を学びます。

◆「京町家まちづくりを解く」
・講  師:宗田 好史氏(京都府立大学教授)
・開催日時:10月31日(木)19:00〜21:00
・会  場:京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム
・参 加 費:無料
・定  員:50名(先着順)
・申込締切:定員に到達次第
・内  容:失われつつあった京町家の価値をいち早く発見した市民・専門家
が、その価値を多くの市民さらには国内外に発信し、幅広い共感を得てきまし
た。近年では、京都市も京町家再生の施策・制度を整え、京町家まちづくりは
新たな局面を迎えています。20年の取組を振り返り、最新の町家情報をお届
けします。

◆「京町家を、京都の景観を、次の世代に引き継ぐための基礎知識 
      第1部「我が国の不動産所有の実態と課題」
      第2部「不動産にまつわる税金の知識」
・講  師:第1部 石田 光曠氏(司法書士・京都まちづくり承継研究会)
      第2部 磯林 恵介氏(税理士・京都まちづくり承継研究会)
・開催日時:11月21日(木)19:00〜21:00
・会  場:京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム
・参 加 費:無料
・定  員:50名(先着順)
・申込締切:定員に到達次第
・内  容:京町家が壊されていく大きな要因の一つに、「相続」という問題
があります。京都の伝統的景観を次の世代に引き継げるかどうかは、皆さんの
相続に対する正しい知識と対策にかかっているといっても過言ではありません
。本回では、欧米諸国の制度事例も交えながら、日本特有の不動産所有の実態
と課題から、個々の所有者が何をすべきか考えます。
*次期冬季講座では「基礎知識◆廚箸靴洞饌療な相続・相続税対策編を開催
します。 

◆「京都の歴史的まちなみを地震・火災から護り抜くために」
      第1部「地震火災から歴史的市街地を護る」
      第2部「京町家の耐震・防火補強の要点」
・講  師:第1部 北後 明彦 氏(神戸大学都市安全研究センター教授)
      第2部 田村 佳英 氏、武田 眞理子 氏
         (関西木造住文化研究会(KARTH)防火・耐震研究チーム
)
・開催日時:12月8日(日)13:30〜16:30(開場:13:00)
 *13:00から13:30まで、京町家の防火・耐震改修事例として、会
場「西陣ヒコバエノ家」を見学できます。
・会  場:西陣ヒコバエノ家(上京区上立売通浄福寺西入る姥ヶ東西町632
)
 *お申込みの際に住所をお知らせください。後日会場地図を郵送致します。
・参 加 費:無料
・定  員:30名(先着順)
・申込締切:定員に到達次第
・内  容:木造建築が多い京都は、大地震の2次災害として火災が発生した
場合に、市街地火災に発展する恐れがあります。近い将来発生が危惧されてい
る大地震そして地震火災から京町家が集積した歴史的まちなみを護るために、
具体的な京町家の耐震・防火対策と市街地の延焼防止対策をこれまでの実験・
研究成果と近年の地震被災地の教訓を通して学びます。

◆「京町家の維持管理・修繕のポイント」
・講  師:狩野 文博 氏(京都府建築工業協同組合)
      田原 利晃 氏(京都府建築工業協同組合)
      堀 榮二 氏(京都府建築工業協同組合)
・開催日時:12月11日(水)19:00〜21:00
・会  場:京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム
・参 加 費:無料
・定  員:50名(先着順)
・申込締切:定員に到達次第
・内  容:京町家は、傷んできたところを部分的に直すことができ、定期的
にメンテナンスや修繕をすることで、長く住み続けることができます。日常の
点検・維持管理の方法と、家の傾きや雨仕舞いなどの古くなった部分の修繕方
法など、町家のよ さを生かした修繕のポイントについて学びます。

2 申込方法
電話、FAX又はE-mailで、次の内容を添えて京都市景観・まちづくりセンタ
ーまでお申し込みください。
.札潺福写勝↓開催日、氏名(ふりがな)、づ渡暖峭

----------------------------------------------------------------------
発行元:公益財団法人京都市景観・まちづくりセンター
住 所:京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1
      「ひと・まち交流館 京都」地下1階
電 話:075-354-8701
FAX:075-354-8704
E-mail:machi.info@hitomachi-kyoto.jp
ホームページ: http://machi.hitomachi-kyoto.jp
■配信を終了される場合は、下記のページで登録をご解除いただけます。
 http://machi.hitomachi-kyoto.genki365.net/gnkk17/pub/magm_rule.php
----------------------------------------------------------------------