京都市 景観・まちづくりセンターからのお知らせ 129号

  ようやく梅雨らしくなってきましたが、私はというと、晴れ間を見つけて山
に登っています。初夏の日差しは厳しいですが、木々の陰や沢沿いの登山道は
涼しく、小鳥や蛙の声にも癒されます。本格的に暑い季節を迎えますが、まち
センから様々な企画を発信していきますので、ぜひご参加ください。(M.T) 

***********************************

 ◆京のまちづくり史セミナー(夏季・番外編)【参加者募集】

***********************************
(主催:(公財)京都市景観・まちづくりセンター、共催:長江家住宅・袋屋
)

「祇園祭」と祭りを支える鉾町
 京都の夏の風物詩である祇園祭は、863年に神泉苑で行われた京内初の御霊
会に起源すると言われ、以降一時中断しながらも現代まで受け継がれてきまし
た。その祇園祭は、住民同士のつながりだけでなく、家とまちの関係も強固な
ものとし、結果として都市の特性も磨かれてきました。今回は、祭り期間中な
らではのハレのしつらえや空間作法に焦点を当てながら、祇園祭に息づく町衆
の暮らしの文化を支えてきた鉾町のコミュニティや京町家等との関係について
、長江家住宅にてお話を伺います。

【日 時】平成25年7月10日(水)18:00〜20:00
	(1時間半程の座学と30分程建物見学)
【会 場】長江家住宅
     (京都市下京区新町通仏光寺上る船鉾町394)
【講 師】谷直 樹 氏(大阪市立大学名誉教授・大阪くらしの今昔館館長)
【定 員】50名(先着順、見学料700円)
【申込・問合先】京都市景観・まちづくりセンターまで、お電話、E-mail又は
     FAXでお申込みください。
 

**********************************

 ◆『景観とは何か』 基礎理論を学ぶ 【参加者募集】

**********************************
 NPO京都景観フォーラムでは、景観についての専門的なスキルをトータル
に身に付けるための講座を実施しています。今年で4期目になる講座(全8回
)が7月から開講しますが、各回、単独でも受講することができます。
 第1回は、東京から堀繁先生をお招きして、景観とは何か、景観はなぜ重要
なのか、といった根本の考え方や基本の思想から、良い景観の客観的な評価の
仕方など、景観についての基礎的な理論を学びます。景観やまちづくりに関わ
る方や、興味を持っておられる方は是非、ご参加ください。
【講座名】京都景観エリアマネジメント講座(基礎講座)第1回講座:基礎理
論
【講 師】堀 繁氏(東京大学大学院教授、景観デザイン・景観工学・計画設
計思想史・地域計画)
【日 時】平成25年7月20日(土)13:30〜18:00 
【会 場】京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム 
【受講料】(一回のみ)4,500円 
【主 催】NPO京都景観フォーラム 
【共 催】(公財)京都市景観・まちづくりセンター 
【後 援】京都市、(公社)土木学会関西支部 
 ※土木学会CPD認定(各回4.3単位)、建築士会CPD認定(各回3単位) 
 ※詳しくはHPをご覧ください。http://kyotokeikan.org/ 
【申込み】 
 以下を明記の上、kyotokeikanforum@yahoo.co.jpまでお申込みください。
 々嶌駄勝У都景観エリアマネジメント講座、基礎講座(第1回)∋疚勝
ふりがな)
 所属(または専門分野・資格)ざ侈垣莉蚕蝓ε渡暖峭罅e-mail ゼ宅
住所・電話番号・e-mail 


***********************************

 ◆『よみがえる京町家−創造的まちづくりの展開−』
                      【シンポジウムのお知らせ】
***********************************

 京都市の中心部において、伝統的な町家が注目されています。都心部にあり
、交通至便であることから、居住地として考える人たちが増加し、町家を新た
なビジネスの場として活用する人たちも多くなっています。京都市では、伝統
的な町家からなる都心部の居住環境を守るために、住民と一体になって、様々
な施策を展開してきました。今回のシンポジウムでは、京町家をよみがえらせ
るための施策と、住民の取組、町家を活用したビジネスの展開といった、創造
的なまちづくりについて、フロアのみなさんと一緒にディスカッションします
。

【日 時】2013年7月8日(月)18:30〜21:00
     ※参加登録不要、参加料無料、参加自由
【会 場】大阪駅前第2ビル6階大阪市立大学文化交流センター大ホール
     http://www.gscc-uep.jp/link.html#access
【プログラム】
(1)「京都市における京町家の保全・再生の取組」
   公益財団法人 京都市景観・まちづくりセンター 専務理事 寺田敏紀氏
(2)「美しい町家再生」
   特定非営利活動法人 京町家再生研究会 理事長 小島冨佐江氏
(3)「町家再生と創造都市の論理」
   京都府立大学教授 宗田好史氏
(4)ディスカッション「なぜ京都では町家再生が進むのか」
(5)コーディネーター
   大阪市立大学大学院創造都市研究科 都市経済・地域政策研究分野 教授
 藤塚吉浩
【主催】大阪市立大学大学院創造都市研究科 都市経済・地域政策研究分野
【問い合わせ先】大阪市立大学大学院 創造都市研究科
        Tel 06-6605-3507 Fax 06-6605-3488
        ホームページ http://www.gscc.osaka-cu.ac.jp
                         http://www.gscc-uep.jp/


***********************************
 
 ◆町家をトーク2013〜京町家の職人さんが語る町家の学校〜	

***********************************
(主催:町家をトーク運営委員会、共催:(公財)京都市景観・まちづくりセ
ンター、後援:一般社団法人 関西インテリアプランナー協会)

  2000年に現在の四条京町家で始まった“町家で町家をトーク”が、以来
14年目を迎えて町家をトークは4月から開講しています。
毎月、計12回に亘って京都が誇る京町家に関わる職人さんが代わる代わる職
種ごとにその魅力や技、知見をお話して頂きます。映像なども駆使し、ときに
は道具や材料などのサンプルを見せて頂きながら、分かり易く楽しく勉強しま
す。
・日 時:毎月<第2火曜日> 19:00〜21:00
      (但し、8月及び2月は、第1火曜日になります)
・第4回:平成25年7月9日(火)テーマ:「竹材」 講師:横山富男さん
・第5回:平成25年8月6日(火)テーマ:「仏壇」 講師:川辺一寛さん
・会 場:景観・まちづくりセンター ワークショップルーム
・会 費:
 □通年会費:12,000円
 (過去の「町家をトーク」「住いをトーク」通年参加者は9,600円)
 □単回会費:1,500円
 (過去に同左への通年参加者、又は学生さんは1,000円)/1回)
申込・問合先 :「町家をトーク」事務局
 〒600-8875 京都市下京区西七条石井町52
  電話 : 090-6550-2468 / FAX : 075-315-2394 
          担当:(町家をトーク 代表)岡田 優


***********************************
 
 ◆The Deepest Kyoto Tour(英語通訳付きまちあるきツアー)

***********************************
(主催:The Deepest Kyoto Tour実行委員会、後援:(公財)京都市景観・ま
ちづくりセンター)

  世界の人、特に京都に来訪した外国の方に、暮らす京都、特に京町家の魅力
を多言語発信するため、地元住民によるガイドと専門の通訳(通訳案内士)付
きの英語によるまちあるきを実施しています。 随時、参加者募集中!
主な見学場所:京町家の外観見学(京焼・清水焼のまち)、京焼・清水焼の
登り窯の見学、六原界隈のまちあるき(六道の辻)
・開催日 :毎月第2・4水曜日(月2回)
 ※その他の日程についてもお問い合わせに応じて開催することができます。
・時  間:13:00〜15:00
・集合場所:京阪電車「清水五条」駅 4番出口
・参 加 費:3,000円/人
     (参加費の一部が京町家まちづくりファンドに寄付されます)
・定  員:先着15名
・申  込:事前予約が必要です。開催日、代表者の氏名、参加人数、郵便番
号
・住所、日中連絡がつく電話番号、E-mailアドレスを添えてE-mailでお申込み
ください。
 ※前日21:00まで申込みを受け付けますが,定員に達した場合は,その時点
で申込締切となります。 
問合・申込先:The Deepest Kyoto Tour実行委員会(担当:山口)
E-mail: deepestkyototour@gmail.com
URL: http://www.facebook.com/thedeepestkyoto


***********************************

 ◆図書コーナーからのおしらせ		

***********************************

  7月の図書コーナー企画展示は「京都の「こわい」」です。
  京都は「こわい」?京都が「こわい」?
  古都京都にはいろいろな「こわい」が集まっています。今回は京都の「こわ
い」と「不思議」の本を集めて展示しております。
どうぞお立ち寄りください。

----------------------------------------------------------------------
発行元:京都市景観・まちづくりセンター
住 所:京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1
      「ひと・まち交流館 京都」地下1階
電 話:075-354-8701
FAX:075-354-8704
E-mail:machi.info@hitomachi-kyoto.jp
ホームページ: http://machi.hitomachi-kyoto.jp
■配信を終了される場合は、下記のページで登録をご解除ください。
 http://machi.hitomachi-kyoto.genki365.net/gnkk17/pub/magm_rule.php
----------------------------------------------------------------------