京都市 景観・まちづくりセンターからのお知らせ 第117号

 祇園祭の山鉾巡行と同時に梅雨明け宣言、いよいよ夏本番、暑い京都の夏を
迎えるところですが、「計画停電」の文字が気になるところ、大飯原発3・4号
機の稼働により何とか回避出来そうと素人判断、しかし、油断は禁物で節電は
継続し最悪の事態にならない事を願うばかりです。さて、人一倍の汗かきであ
る当方、暑さに対して毎年同じ言葉を発しているように思います。「今年の暑
さは去年より特に厳しいなあ・・」と冷たいビールでリフレッシュの毎日。今
年も特に何の秘策もなく「暑い暑い」と発しながらビール片手に、夏を乗り切
ろうとしています。(T.H)


***********************************

   ●平成24年度「地域景観づくり講座」受講者募集しています!
    〜「景観づくり」をはじめてみませんか?〜  

***********************************

 地域での景観づくりの推進に当たっては,その活動において中心的な役割を
担う方の存在が必要です。そのため,京都市内に在住,在勤,在学している方
で,地域の景観づくりに取り組んでいる方又は取り組もうと考えている方を対
象に,景観についての基礎知識や景観を見たり考えたりするポイントなどを体
験的に学ぶことができる講座を開講し,地域の中心になって景観づくりに取り
組む方(=美観メイクアーティスト)の育成を目指します。
 この講座は,昨年度に開設し,今年度は第2期目になります。地域の中心にな
って「景観づくり」に取り組もうと考える市民の皆様を受講者として募集しま
す。
 ぜひ,御応募ください。

定 員:定員20名(※申込み多数の場合は抽選とします。)
対 象:京都市内に在住,在勤,在学している方で,地域の景観づくりに取り
組んでいる方又は取り組もうと考えている方。(※6回連続講座ですので,原
則として全ての講座を受講してください。)
費 用:無料
プログラム:6回連続講座
 第1回 9/13(木)19:00〜21:00 『景観づくりのススメ』
 第2回 10/6(土)10:00〜15:00 『気付きのプロセス・きっかけづくり
を体験する』その1
 第3回 10/18(木)19:00〜21:00 『気付きのプロセス・きっかけづく
りを体験する』その2
 第4回 11/8(木)19:00〜21:00 『京都の景観政策』
 第5回 11/29(木)19:00〜21:00 『支援制度&景観シミュレーション
を知ろう』
 第6回 12/21(金)19:00〜21:00 『How to 景観づくり』
会 場:「ひと・まち交流館 京都」地下1階 ほか
申込方法: 氏名(ふりがな),住所及び電話番号等を明記のうえ,申込先窓
口に直接お申し込みいただくか,FAX又はEメール、インターネットよりお申し
込みください。
● 申込受付期間 平成24年7月2日〜平成24年8月24日
● チラシ(申込用紙)の配布場所
平成24年7月4日から景観政策課,公益財団法人京都市景観・まちづくりセンタ
ー,市役所案内所及び区役所・支所等でチラシ(申込用紙)を配布します。
申込締切:平成24年8月24日(金)必着
申込先・問合せ先:京都市都市計画局都市景観部景観政策課
          〒604−8571
          京都市中京区寺町通御池上る上本能寺前町488番地
          TEL:075-222-3397
                    FAX:075-222-3472
                    Eメール:keikan@city.kyoto.jp
H P:http://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/page/0000124148.html

***********************************

   ◆『景観・まちづくり大学 夏季』開講中!!

***********************************

●京のまちづくり史セミナー
第二回「京都の近代化と都市計画事業」

 京都は、明治に入ると政治都市から経済都市への変貌を遂げました。その近
代化の中でさまざまな都市計画事業は実施され、現在においても京都の骨格的
な社会基盤となっています。セミナーでは、これらの事業の特徴と現在に引き
継がれた成果について学びます。

 日 時:平成24年8月20日(月)19:00〜21:00
 会 場:京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム
 参加費:無料
 定 員:50名(先着順)
 講 師:中川 理氏(京都工芸繊維大学教授)

第三回「伝統地場産業と同業者町の形成」

 京都には、さまざまな伝統的な地場産業が立地しています。これらの産業は
、生産工程や流通行程の効率等のため関係する職種が特定地域に集積すること
が多く、特徴的な町並みが形成されることがあります。セミナーでは、市内の
伝統地場産業の成り立ちと現状、また産業に影響された特徴的な地域について
学びます。

 日 時:平成24年9月3日(月)19:00〜21:00
 会 場:京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム
 参加費:無料
 定 員:50名(先着順)
 講 師:滋野 浩毅氏(成美大学准教授)

【注意】第3回セミナー開催時間は、関西電力(株)による計画停電の可能性
があり、セミナー実施の有無については、前日夜19時以降に当センターHP
にてご案内します。

●京町家再生セミナー 
第二回「京町家再生の20年」

 失われつつあった京町家の価値をいち早く発見した市民・専門家がその価値
を多くの市民、さらに国内外に発信し、幅広い共感を得てきた20年の取組を
振り返ります。

 日 時:平成24年8月26日(日)14:00〜16:00
 会 場:京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム
 参加費:無料
 定 員:50名(先着順)
 講 師:宗田 好史氏(京都府立大学教授)


***********************************

   ◆土壁再生シリーズ公開研究会 第3回

***********************************

 1300年の歴史を持つ土壁の優れた特性に対する正しい知識と最新の研究
成果を学び、京都を代表する土壁文化を住まい・まちづくりに活かして次世代
につなげていくための各種課題について協働で研究し、成果を社会に還元する
5回シリーズ研究会の第3回です。
テーマ:「優れた耐震性の公的評価を得るために」
京都の土壁は実験では高い耐力を持つことが確認されながら、建築基準法の告
示仕様に適合していないため、法令上の評価は低く、一般によく使われるよう
にはなっていません。そのため、土壁の優れた耐震・耐久特性が公的に評価さ
れるための具体策を学びます。

日 時:平成24年9月30日(日)13:30〜17:00頃

会 場:西陣ヒコバエノ家 
京都市上京区上立売通浄福寺西入ル姥ヶ東西町632
バス停「今出川浄福寺」または「千本上立売」下車 徒歩5分

講 師:田村 佳英氏(悠計画研究所、KARTH防火・耐震研究チーム)
輿石 直幸氏(早稲田大学教授)
完山 利行氏
(一般財団法人 日本建築総合試験所試験研究センター構造部構造試験室上席
専門役)
奥田 信雄氏(奥田左官工業所)

定 員:50名(参加申し込み先着順)

参加費:無料  但し、資料代実費500円
お問合せ・お申込み:関西木造住文化研究会(略称KARTH:カース)
         Tel:075-411-2730悠計画研究所内  Fax:075-411-2725
         E-mail :info@karth.sakura.ne.jp 
ホームページ:http://karth.blog13.fc2.com/

主 催:京都左官協同組合、関西木造住文化研究会

共 催:公益財団法人 京都市景観・まちづくりセンター

第4回は11/25(日)、第5回は来年1/27(日)に開催されます。


***********************************

   ◆図書コーナーからのお知らせ

***********************************

 8月の図書コーナー企画展示は、「ボランティア実践」です。
 初心者向けのボランティアから、本格的なボランティア実践の図書や資料を
展示いたします。どうぞ足をお運びください。



----------------------------------------------------------------------
発行元:京都市景観・まちづくりセンター
住 所:京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1
      「ひと・まち交流館 京都」地下1階
電 話:075-354-8701
FAX:075-354-8704
E-mail:machi.info@hitomachi-kyoto.jp
ホームページ: http://machi.hitomachi-kyoto.jp
■配信を終了される場合は、下記のページで登録をご解除ください。
 http://machi.hitomachi-kyoto.genki365.net/gnkk17/pub/magm_rule.php
----------------------------------------------------------------------